読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱそこん初心者、こころおだやか。

     たくしーで 昼飯食べに 近所様

本日も、嫁様お出かけДで、朝から、朝から、ばば様ごのみあれこれと、

ばば様大好き、つくしの煮びたしだって、ちゃんと添え、食べるだけに整えて、ばば様あれ

これ説明し、関心顔で、「ふん、ふん」と、説明ちゃんと受けました。

嫁様そそくさお出かけ準備、「今日は、早く帰ります」と車乗りこむ嫁様御見送り。

「草でもとるか」と地べたに座り、なにやら小声で、鼻歌歌い、しばらくごきげん草取りす

るが、「今日は、これくらいにするか。」と、玄関先へ、

玄関先のぷらんたーに目をやりばば様、「まあー、ここにもあるわ」と、嫁様楽しみに植え

た、

ぱんじー、びおらまで、素早く引き抜き、「やれ、やれ、之できれいになった」と満足顔で

おうちに入り、大まし顔でお電話し、タクシー家の前に呼びつけて、

ばば様ご近所様に乗り付ける。

タクシーに驚きお水さん、表に出るとおばば様、「まあ―待っててくれた」と安心顔のおば

ば様、御お一人暮らしのお水さん、中からお財布だして、タクシー代など支払って、

ばば様台所なんぞ招き入れ、食べてたおにぎり、味噌汁、煮物など分け合って、食べた、食

べたで、ばば様ごきげんさんで、「ミーちゃん躇とねるわー」と、トミーちゃんだって心得

て、ばば様ベッドに寝かせて、2時間ほどたってから、

嫁様連絡し、迎えに申し訳なくやってくる。

ばば様おこし寝ぼけ顔で玄関に、「まーみどりちゃん、ちょうどよいところにきてくれあり

がとう」とばば様お手手引かれてお帰りに。