読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱそこん初心者、ご用心、ご用心。

     愛犬に ぱっくりかまれ しりもちを

今日は嫁様お出かけdayで、なに御思ったか、嫁様お犬様のエサなんぞ、

ばば様お願いと、犬のえさなど、袋のまんま、ばば様外手渡して、「行ってきます。」と、

丁寧あいさつ済ませ、そそくさお出かけ、御見送り。お一人留守番、吾部屋で、菓子箱なん

かあけ広げ、あれこれ食べて、おなか満足、上機嫌、

ポケットに犬のえさなど、ひょいと入れ、鼻歌交じりで玄関わきの、犬小屋なんぞ、覗き見

て、

お犬様を撫でまわし、なにやらお話汰プリし、

お犬様もごきげんに、「くん、くん、くーん。」と、しっぽふりふり、ばば様大喜びで、「

そろそろ、やるか。」と

おひとりごとなぞいいながら、お犬様のえさなど取り出し、ざっと出す。

(あれあれ、やりすぎた。)と、おひとりごとなどぶつくさと、言いつつ、餌を、かけ集め

たその瞬間、なにを思ったかお犬様、おばば様のお手手を、

がっぷりかむと、驚き顔のおばば様、しりもちついて、「いたあーい」とmひめい、大声張

り上げる。通りがかりのご近所様、声に驚き駆け寄って、

おうちがお留守と気が付くと、大慌てで、ばば様病院へ、お医者様に、「動物にかまれてい

るから、当分来てください。」と、通院など促され、なにがなんだかわからぬままに、おう

ちに帰ると、

近所の兄様、息子に知らせ、息子に叱られ嫁様心配顔でお出迎え、

嫁様ばば様駆け寄ると、平謝りに謝ると、ばば様にっこり、

微笑んで、「大丈夫、大丈夫。」と、嫁様御背中なんぞ、撫でまわし安心顔で、よめさまの

おてなどそっとさする。