読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪崩事故死の高校生、角膜提供。

     ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのミコばあちゃんです。

 此のたびの春山の雪崩事故で無くなられたお母さんが

息子さんの角膜の提供されたとのニュースに

心よりありがたく感謝申し上げます。

 突然の事故死を受け入れるだけでもいかばかりかと思うのに

よく決断いただけましたことにお礼申し上げます。

角膜移植で視力の回復されたお方が、世の中においてお勤めができるとしたら

他社の角膜移植により生き続ける視力の提供は

本当にかけがえなく生き続けます。

息子さんの目は、世の中で活躍し続けられるのではないのでしょうか。

角膜移植で視力を得たお方の未来にも期待したいものです。

角膜の提供に同意いただいたお母さま

あなたの息子さんはこれから社会においてご活躍されることでしょう。

ご家族様のご決断に感謝申し上げます。

また息子さんの無念が反映されますことをお祈り申し上げております。

本当にありがとうございました。

   朝日コムより。

雪崩事故で犠牲、生徒の角膜を提供 母親「誰かの役に」

栃木県那須町で高校生ら8人が死亡した雪崩事故で犠牲になった県立大田原高校1年生の高瀬淳

生(あつき)さん(16)の角膜が、栃木県のアイバンクに提供された。母親の晶子さん(5

0)が心境を語った。

那須の雪崩事故〉

事故の後、淳生は人工呼吸器をつけて冷たくなり、血圧も不安定で、もうだめだとわかっていま

したが、ドクターに「心臓マッサージをやめないでください」と言いました。

気がついたら、ドクターにすがって「何か臓器提供できますか」と言っていました。なぜ、その

言葉が出たのかわかりません。淳生は16歳で世の中の役に立っていない。大人になって、何

かに貢献したいと思っていたに違いない。ドクターから角膜が提供できると聞いて、お願いし

ました。

ただ、義眼を入れるので顔が変わるかもしれないと言われ、淳生の顔のままでお別れしたいと思

って「しない」と言ったら、大学生の兄(20)が「自分が淳生だったらしてほしいな」と言

ったので、決めました。

淳生は一つのことを突き詰めてやる性格で、凝り性。研究者なんてぴったりだね、そのために勉

強しないといけないね、と話していました。なかなか就職できなくても、私は元気に何でも好

きなことをしてほしいと願っていました。

手術が終わっても、淳生は淳生のままの顔で変わらなかった。兄の言うことを聞いてよかった。

淳生はそうしたかったに違いない。きっと誰かの役に立ちたかったのだろうと思います。(岡

見理沙)