読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

憲法に自衛隊明記につき、自衛隊トップに聞く。

     ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのミコばあちゃんです。

 自衛隊トップの川野統合幕僚長に、憲法自衛隊を明記するとの政府案に

「非常にありがたい」と述べたことが旋風を巻き起こしている。

これは答えられる立場にあらず、一自衛隊員の感想にとどめているのは

うなずける答弁でもある。

これからの自衛隊に職業として選択するにあたり多くの課題を投げかけているのかもしれない。

   産経の記事より。

【主張】統幕長発言 自衛隊員の名誉を守った

憲法自衛隊を明記しようという、安倍晋三首相の発言の感想を求められた河野克俊統合幕僚長

が、「非常にありがたい」と述べた。

これを一部マスコミや政党が批判しているのは、理解に苦しむ。

自衛隊員は命をかけて国を守っている。首相の問題意識は、その組織がなお「違憲」とも指摘さ

れる状況を解消することにある。

当事者として、自衛隊の存在が肯定されるなら率直に歓迎するというのはごく自然ではないか。

そう受け止めずに、軍事組織の政治介入などと唱えるのは、自衛隊を否定的にとらえ、敵視する

姿勢さえうかがえる。

河野氏の発言は23日の講演時の質疑におけるものだ。正確には、「憲法という非常に高度な政

治問題なので、統幕長という立場から申し上げるのは適当ではないと思う」と、まず述べてい

る。

そして「一自衛官として申し上げるなら」と断ったうえで「ありがたい」と続けた。

自衛隊の役割を今後、拡大するかどうかという点についても、河野氏は「これはもう、いつに政

治の決定によるもの」として見解を控えた。つまり、政治的意図を込めた発言はしない前提で

自衛隊員としての心境を示している。

菅義偉官房長官が「あくまでも個人の見解」で全く問題はないと判断したのは妥当だ。

もっとも、日本の防衛政策論議のあり方を考えたとき、国会など政治の場で戦術のプロである制

服組に発言の機会を与えてこなかった状況こそ再考すべきである。

米国では、軍幹部が議会の公聴会で日常的に発言を求められる。同じ民主主義の国で、担当者が

見解を表明できないことが、国民の利益になるとは思えない。

発言を認めれば文民統制の原則が崩れる、などと安易にいうのは政治の側の力量不足や無責任さ

を露呈するものだろう。

統幕長の発言は、安全保障論以前に大きな感慨を含んでいる。

違憲」呼ばわりされる自衛隊は、長く日の当たる存在ではなかった。隊員の子弟が学校で差別

を受けたり、いじめられたりする例は少なくなかった。

災害派遣などを通じて認知度は高まったものの、国としてその位置づけをどう定めるかは、同じ

国民である自衛隊員やその家族の気持ちを考えることでもある。

議論尽くされぬ重要法案!

     ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのミコばあちゃんです。

 共謀罪の法案についてどれほどのぎいんがじゅくちしておられるのでしょう??

国会の審議の行方についても疑問は果てしない。

 テロ準備法案については一般の国民は監視が意図は言われるが

これが法律となったときこれが果たしてどうだろうと?

今までの法律の中では国際的なテロは対処などできないほうりつなのでしょうか?

そうであるならばオリンピックに向け万全対策は不可欠ではあろうが

国会において法案があまりにも安易に決議されることに残念でならない。

これも国民が選んだ議員なのですからどうにもやり切れませんよね。

議員さんは、選挙行脚ばかりを重視し、このような重要法案などの決議に際し

地元に立ち返り、法案についての持論などお話しいただきたいものです。

 重要法案までも、30時間で論議は尽くされたといってのけられる問題ではあるまいに・・・

?法律の決定権がゆだねるだけの力量七日については、それぞれが今一度考えたいもので

なお残る「共謀罪」法案の懸念

組織犯罪処罰法の改正案が、与党などの賛成多数により衆院本会議で可決された。テロや組織犯

罪を実行前の計画段階で罰するため、「共謀罪」の構成要件を改めたテロ等準備罪を新設する

というのが大きな目的だ。

 この法案をめぐっては、「処罰の対象が不明確で、恣意的に運用されかねない」「思想や内心

の自由を侵す」といった懸念がかねて指摘されている。衆院での審議でもこうした点はなお解

消されておらず、国民が法案を理解しているとは言えないのが現状だろう。

 そのような法案が、先立つ衆院法務委員会に続き、本会議でも与党側が押し切る形で採決され

たことは残念だ。参院では、政府・与党は法案の成立をいたずらに急ぐのではなく、十分に時

間をかけて繰り返し丁寧に説明を尽くす必要がある。

 「共謀罪」は国際組織犯罪防止条約を締結するための前提として、各国に整備が義務付けられ

ている。組織犯罪の封じ込めは国際社会の大きな課題であり、条約を締結する意義や、そのた

めにテロ等準備罪を導入する必要性自体は理解できる。

 だがこれまでの衆院の審議では、政府側の答弁は一貫性を欠いたり、根拠があいまいなままに

強弁したりといった場面が目立った。野党側の追及が理念的だったこともあり、議論がかみ合

わないやり取りも多かった。

 それでも議論を積み重ねることで、疑問点や課題は徐々に集約されつつある。仮に法案が成立

した際には、国会での審議が運用面での大きな指針や歯止めにつながることも忘れてはならな

い。

 政府・与党には、「想定時間に達したから採決する」という態度ではなく、改めて反対の立場

の意見を真摯に聞き、受け止めていく姿勢が求められる。

 議論のなかで必要があれば、処罰範囲の明確化や対象犯罪のさらなる削減など、条文の見直し

をためらうべきではない。国会のあり方が問われている。

す。

わからない共謀罪。

     ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのミコばあちゃんです。

 共謀罪いろんな課題を抱え込む中で、このほうあんが

立法化に向けてただただ急がれている。

、国民の8割近くはこの法案の説明不足を表明している。

総理大臣は世論の動向も知りながら、きょうこうをすすめるもくてきはどこにあるのか??

   山陽記事より。

共謀罪衆院可決 多くの疑問残ったままだ

共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案がきのう、衆

院本会議で与党と日本維新の会などの賛成多数で可決された。

安倍政権下では特定秘密保護法をはじめ、安全保障関連法、カジノ法など国民の間でも賛否が割

れる法案の採決で、与党の強権的な議事運営が続いてきた。今回も、民進党など野党が採決に

反対するのを押し切った。

共同通信社が20、21日に行った全国電世論調査で、今回の法案に対する政府の説明が十分

だと思わないとの回答は77・2%に上った。国民の不安が払拭(ふっしょく)されていない

段階で、採決を急ぐ与党の姿勢は理解できない。

共謀罪を新設する法案は過去3度、国会に提出されている。しかし、適用対象が曖昧で市民団体

が処罰される恐れが拭えず、いずれも廃案になった。今回、政府は適用対象を「組織的犯罪集

団」と定め、現場の下見など犯罪の「準備行為」を構成要件に加えた。構成員2人以上で犯罪

を計画し、少なくとも1人が準備行為をすれば計画に合意した全員が処罰される。

疑問点はいくつも残ったままだ。政府が国際組織犯罪防止条約を締結するため必要とする立法理

由は正しいのか。対象犯罪を277とするのは妥当なのか。「組織的犯罪集団」や「準備行為

」はどのように定義し、捜査当局の恣意(しい)的な運用が広がる可能性はないのか。いずれ

の論点も、審議では掘り下げ不足だったと言わざるを得ない。

組織的犯罪集団の認定では犯罪の常習性などは要件とされておらず、一般の団体にも適用される

余地がある。準備行為も、銀行で現金を下ろしたり、散歩をしたりといった日常的な行為とど

う区別できるのかは曖昧なままである。

金田勝年法相ら政府側は「一般人は捜査の対象になることはない」と繰り返し強調したが、一方

で、何らかの嫌疑が生じれば一般人ではないとも答弁している。結局は、捜査当局の運用次第

という印象は拭えない。

犯罪の計画や準備段階で罰することができる今回の法案が成立すれば、既遂での処罰を原則とし

てきた刑法の例外を一気に広げる。犯罪をしようとする人の内心を立証するため、さまざまな

手法で捜査が拡大し、監視態勢が強まる恐れも否定できない。

法案には、プライバシーの権利に関する調査を行う国連の特別報告者が懸念を示し、安倍晋三

相宛てに書簡を送っている。「計画」や「準備行為」などの定義が曖昧で、「プライバシーや

表現の自由を不当に制約する恐れがある」との指摘である。政府、与党は真摯(しんし)に受

け止め、反論するなら十分な根拠を示す必要があるだろう。

法案審議は参院に移る。国民の不安を取り除く丁寧な審議がないまま、成立を急ぐことは許され

ない。

わかりにくい共謀罪

     ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのミコばあちゃんです。

 共謀法案が衆議院において可決されました。

この法律はミコばあちゃんにはわかってなんかいません。

いつも法律が安易に採決されているように思えてなりません。

この法律が参議院でも可決したならどうでしょう。

 例えば、沖縄問題で紛争されているお方などの取り扱いどうなるんでしょう。

政府の意見に反対などして国会前などで反対運動を展開

下としたならどうでしょう。

共謀罪って何?

共謀罪とは「二人以上の人が犯罪を行おうと話し合い、合意する事で成立する犯罪」です。

国際組織犯罪防止

組織的で重大な犯罪を未然で防ぐ。

これらは、法律になると、罪なき人にその適応はどうなるのか心配です。

罪なき者を安易に処罰することにはならないのでしょうか。

無関心、打破したい 声上げ続ける 「共謀罪衆院通過

共謀罪」法案が衆院を通った23日の夜も、若者たちは国会前で声をあげた。尽くされぬ議論

に憤った人たちは、参院での審議に期待をかける。一方、「テロ対策」とする政府に異論を唱

えづらい雰囲気も広がる。

〈特集:共謀罪

「審議時間が圧倒的に少ない。法務大臣は質問に答えられない。法案には不安しか感じない」。

都内の大学3年生、馬場ゆきのさん(20)は23日夜、国会前で抗議集会に参加した。学生

団体「SEALDs(シールズ)」の元メンバーらが関わって設立された市民団体「未来のた

めの公共」の主催だ。

馬場さんは一昨年、安保法に反対するシールズをテレビで見て、自らの言葉で政治を語る姿に感

銘を受けた。今は「主張する場を守りたい」との思いから、国会前で「共謀罪」に反対の声を

上げる。「どう問題点を伝えればいいのか。諦めずに声を上げ続け、法案を止めたい」

大学院生の千葉泰真さん(25)は、衆院で法案が可決される様子をインターネット中継で見つ

めた。「審議が進むごとに問題点が出てくるのは安保のときとそっくり」。元シールズの学生

らがつくったシンクタンク「ReDEMOS(リデモス)」のメンバーで、4月、団体のフェ

イスブックに「このままでいいの? 共謀罪」という約4分の動画をアップした。LINE(

ライン)で「既読」をつけただけで、捜査対象にされるおそれなどを指摘し問題点を解説。こ

れまで6万回以上再生された。

千葉さんは2年前、国会前での安保法反対デモに参加した。イヤホンをした何人もの公安関係者

らしき男性が、自分たちを観察していた光景が忘れられない。「『自分と関係ない』では済ま

ない。周りの人に問題意識を伝えて、議論を盛り上げる必要がある。参院では衆院で掘り下げ

られなかった論点を掘り下げてほしい。そして国民もそれを注視する必要がある」

一方、安保法に反対して国会前…

求められる人手不足対策。

     ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのミコばあちゃんです。

ニュースに触れるたびに人手不足の深刻さがひしひしと伝わってくる。

 モスバーガーにおいても、建設業界、そして人手不足が表面化した

ヤマトにおいても労働条件の大きな転換を求められ

運送を絞り込むなど企業に不利益な決断が求められ 

これからは人手不足により中小企業の倒産なども起きるのではなかろうか?

 此のたび介護保険の改定により一部、国から、各地の市町村に

移譲されることになり当地においても、シルバーの一部参入することで負担の

軽減策を考えているようだが

シルバーの大財的な募集を求めているが人材の応募は

なかなか期待できそうもなさそうである。

 少なからず、介護の状況も次第に姿を変えざるを得なくなると覚悟もいるようだ。

−80歳くらいまではお元気森森であり続けられるよう

日頃より、絶え間ない努力は自分にもかしていきたいものだ。

    ミコばあちゃんのスタートメニュー

 鮭と佃煮のおにぎり、ニラと豆腐の味噌汁

キャベツの酢の物、シイタケと荒野の炊き合わせ

 バナナ、ヨーグルト

     ではごきげんよろしゅうに・・・。

郵貯の家庭訪問には単独は避けたし。。

    ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのミコばあちゃんです。

本日郵貯からの家庭訪問による、新製品のおすすめいただきました。

 これは4月より郵貯が取り扱っている商品とのこと。

 説明によると 絶対に損失は出すことはないとのことでした。

10年契約で105パーセントの利息が生じるとのことでした。

これは期限が来なくても105パーセントになるといつでも受け取れるといった商品で

聞いていれば損失など生まれるはずのない商品

誰もがお得としか言いようがない。

 リスクといえば、為替差益の実との説明であった。

こんなうれしい商品など、わざわざ勧誘に来なくても、契約は山ほどあるとしか考えられない。

 このようにお年寄りのもとに2〜3人のグループで回られ勧誘されていたりなどするとすぐに

お年寄りのお金は すっからかんにはすぐなってしまう。

郵貯の職員は契約ありきといったことだけは押さえておきたいものである。

 今の不安定要素一杯の世界情勢においておいしいお話などありは致しません。

騙される前に、おいしいものでもたっぷり食べて

おいしいお話、ゆっくり考えたいものです。

郵貯のお話は、きちんとは聞けておりませんので

確か、変額保険ではないかと思います。

変額年金保険 - 日本郵便

https://www.post.japanpost.jp/insurance/variablepension/

このような勧誘もあること紹介させていただきました。

    ではご機嫌よろしゅうに。

だけはと紹介させていただきました。

マナーのある自転車の活用お願いします。

     ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのミコばあちゃんです。

 自転車活用促進法なるはなはだ理解しにくい法律が制定されているようだが

はたしてこの認識の程度はどうなんでしょう。

車利用の人が此の自転車に切り替えることで、温暖化対策、街のクリーン化

に向けそれなりの効果はあるのかもしれませんが、自転車による

軽い事故は増え続けています。

自転車レーンがきちんと整備されているところは良いとして

町の小回りが利くところの便利性からも

商店街などや裏通りを我が物顔ですいすい自転車から降りることもなく

無謀乗車の自転車も少なからずおられるようです。

視覚障害の友が大通りを白杖歩行していて

白杖が、車輪に巻き込まれ白杖が折れたとのことでした。

 このような非常時の形態の保持も必要でしょうが、

もし白杖がなかったならどうでしょう。。

 白杖が使えないとなると、もうその時点で自己認知すら不可能です。

その道通りにお人と出会う機会が少なかったらどうでしょう。

白杖を折られたお方は、自転車に向かって

「すいませんが自転車のお方止まっていただけませんか。白杖が折れました。」

と大きな声で叫びはしました

でも自転車は素通りしていかれたそうです。

そのお方はまだ少し視力のおありの方でしたので、まだ救われますが

これが全盲であったならどうでしょう?

 視覚障碍者が、白杖などを折られたり飛ばされなどしたならば

そこからもう一歩も歩くことはできないのです。

 どうかそのことはご理解いただけるととてもありがたく思います。

  自転車、白杖歩行車が気持ちよく共存できる環境を

お互いに気配りできたならと思います。

どうかよろしくお願いします。

自転車推進法 強み生かし活用に弾みを

http://www.sanyonews.jp/article/531384/1/?rct=shasetsu

     ではごきげんよろしゅうに・・・。