国会は政策議論にッ徹してほしいものです。

     ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのミコばあちゃんです。

 安倍総理参議院の所信演説において

高等教育無償化の一文を読み飛ばしてしまっていたことが問題視されている。

これはいちいち取り上げることなく、議事進行をきちんと進めていただきたいものです。

総理の過密スケジュールには最敬礼したいものです。

 おごりがエスカレートすることは肝に銘じていただきたいものです。

 国会運営が国民の唯一知りえる期間です。

 多くの国会費用を投じて論議するのであれば

中身がうかがえるきちんとした論戦の場であってほしいものです。

 総理が無所属の岡田議員の提案に対し

総理答弁の後の岡田議員に対する

丁寧な一例が総理の資質を物語ってもいる。

これもパフォーマンス。

「丁寧で検挙でありたい」と返答したが

議院の議題の一つ一つに耳を傾け野党内用にあってもグローバルに受け入れる技量はあってほし

いものです。

国会の場が国民も関心を寄せられる内容であっても欲しいものです。

 国会が国会としての役割が果たせる場所にしてほしいものです。

テレビにお任せできる内容をくどくどと議題にすることだけはやめていただきたいものです。

個人の不倫問題がそうです。

本当に嫌気がさします。

これからは重要法案が目白押しです。

国会予算も重要課題です。

港口の私立の無償化には反対です。

これが本当に労働のステップアップにつながるかといえばそうではないように思えます。

無償化に踏み切る前にそれぞれの学校の授業内容の議論がほしいものです。

目玉商品とはいえ無償化に暴走することなく

中身の検証が一番です。

何よりほしいのが研究開発です。

無償かあり期には待った待ったです。学力の低下傾向は長く続いています。

     朝日コムより。

首相「相手の主張にも謙虚に」 岡田氏の質問なぞり答弁

21日の衆院代表質問で、無所属の会岡田克也氏が安倍晋三首相に野党の主張にも耳を傾ける

よう求めたところ、首相も岡田氏の発言をなぞって答弁し、相手の意見に耳を傾ける重要性を

説く場面があった。

岡田氏は質問で、「国民にとって意味ある国会論議を行おう」と呼びかけ、首相について「逃げ

の答弁」「野党攻撃」などと批判した。そのうえで「野党の主張にも耳を傾け、敬意を払い、

良い提案は取り入れる度量の広さが欠けている」と迫った。

これに対し、首相は「批判に終始するのでなく、与野党の違いを超えて相手の主張にも謙虚に耳

を傾け敬意を払い、良い提案については取り入れる」と岡田氏の言葉をなぞって答弁。最後に

「ぜひ無所属の会の皆さんとも正々堂々、建設的な議論を行わせていただきたい」と語り、一

礼した。(山岸一生)

少年の主張。(勇気がだせなくて)・・・。

     ご機嫌いかがでしょうか。 視界ゼロのミコばあちゃんです。

 「少年の主張」なんて懐かしい響きでしょう。

昔はよく聞かせていただきました。

いろいろな体験に触れ、心揺さぶられるとても素敵な時間でした。

一番嫌いなのは自分であると言う主張者。。

その子の青春真っただ中のキャンバスlife。

グループの中でよく話していたaちゃんのことある日突然

ツマハジキにする話が浮上し、嫌われたくなくて

右にならえ出あくる日からaちゃんを避けるようになった。

自分だけは嫌われたくなくて。

こんな自分許せない。

 aちゃんの笑顔はどんどん消え去り、もうみんなに近づくこともなくなった。

だけれどみんなからきらわれたくなくて・・・。

 彼女も家に帰るとなんでもない友を避け続ける自分が許せなくて

そんな時、ネットでワンフレーズに出あった。

苦しみ続けた中からのすがるような言葉であった。

 過去の自分は変えられはしないけれど

未来の自分を変えることはできる。勇気を出してもう,aちゃんを避けるのはやめよう

あくる日友に気持ちを伝えると、素直にうなづいてくれた。

 友と一緒にaちゃんのもとに誤りに行った。

気持ちはとっても楽になった。

それからはnoが伝えられる人になりたいとの内容でした。

副会長まで務めた、彼はもうこれ以上生きられないと命を絶ちました。

これを見ていた誰かが教員室に駆け込むなり

そのことを勇気を出して言葉にできたなら

なくなる命はなかったかもしれない。

あなたのほんの少しの勇気が命を救えることを知ってほしいと思います。

言葉の暴力は、決してあってはなりません。

しゃくりあげるほどの苦しみ

土下座をすることは正常ではありません。

これは何人かが勇気を出すことで

救われたのかもしれません。

生きてさえいれば、はるかに素晴らしい社会人になっていたと思えます。

亡くなった命はもう帰ることはありません。

人を救えるのもあなたの勇気あるハートです。

ののしる教員二人よりも

はるかに素晴らしい成人になっておられたことでしょう。

 これは教職員などの大人の中にもありがちなことで一般的なように思えます。

自民党の独走に対して,noと言えないお人も数多くおられると思います。

でもお苦しみかどうかは疑問符ですが・・・日本はアメリカにnoといえつづけてきたのかもし

れませんが?

社会に出たならばいろんなしがらみもありますが

喜屋武バスlifeありのまま問題は先送りせずに意思表示はありたいものです。

どうか青春の一ページが後悔の少ない日でありますように

     産経より。

【少年の主張全国大会】主な要旨「もっともっと嫌いな人がいた。それは自分自身だった」

平沢さんの主張「仲間を守る一言」の要旨は次の通り。(表記は原文のまま)

「Aちゃんをはぶろうよ。」仲の良い友達から、突然言われた一言だった。「昨日まで仲良くし

ていたのに、何でいきなり?」しかし、その疑問は口に出せないまま、なんとなくうなずくだ

けで、のどの奥に沈んでいった。

次の日から、身近な友達の全員がAちゃんを無視し始めた。Aちゃんをわざと一人にした。Aち

ゃんから笑顔が消え、やがて近づいてこなくなった。周りの友達は笑っていた。

「こんなのいじめだ」と分かっていた。繰り返される残酷な光景に対し、声が出なかった。これ

を言ってしまったらどうなるのか。自分がはぶられることは、絶対に嫌だった。自分の意見が

言えないまま。Aちゃんを避け続けた。

それからというもの、友達という存在が、「疲れる人」へと変わっていった。嫌われたくないか

ら、とりあえず何でも「うん」と答えた。私はそんな「友達」が嫌いだった。しかし、もっと

もっと嫌いな人がいた。それは自分自身だった。はっきりと「良い」も「悪い」も言えない自

分が大嫌いだった。ある夜、ノートに真っ赤な文字で、「大っ嫌い、大っ嫌い。死ね死ね死ね

……」と書き殴った。はっきりと「自分なんか」と書いていた。

そんな中、インターネットを開き、私はある言葉と出会った。「過去と他人は変えられないが、

未来と自分は変えられる。」ドキッとした。その時やっと気づくことができた。自分が変わら

なければならないことを。私が言うべき言葉は「うん」という「自分を守るための言葉」では

なく、「こんなのいじめだよ。もうやめよ!」という、「大切な仲間を守るための言葉」だっ

たということを。

「もう、やめよ。」次の日、勇気を出して、私は友達に伝えた。「……うん。」友達は私の言葉

を受け止めてくれた。みんなでAちゃんに謝った。

今年6月、県内の中学2年生がいじめを苦にして、自らの命を絶った。もしAちゃんを避け続け

ていたとしたらと考えたとき、私は恐ろしい気持ちになった。周囲の人たちはみな、私のよう

に、救いの一言を飲み込んでしまったのだろうか。「やめようよ。」その一言は、命が失われ

てからでは遅い。いじめは人を死に追いやる。

私は、今では仲の良い友達にも「良い」、「悪い」と自分の思いを伝えている。今でも時々、「

◯◯ちゃんってうざくない?」そんな言葉を耳にする。でも私は、「そんなことないと思うよ

」と、自分の意見を言うようにしている。その一言が、周りの大切な仲間を守る一言になるか

らだ。

(質問)  機内モードの解消法についてのおたずねです。

 皆様、お世話になります。田原です。

PCを使用して何度か機内モードになったことがあります。

これの操作した覚えなどありません。

だけど捜査しているのでしょう。

こうなると、ネット環境が全く使用できなくなります。

そこでお尋ねです。

機内モードを解消するにはどうすればよいのでしょうか。

飛行機にも乗らないのに、なぜこんな現象になるのか不思議でなりません。

パソコンに詳しい晴眼者に見てもらって解消しましたが

キー操作については教えていただけませんでした。

 もしご存知でしたら教えていただければ心丈夫です。

 (がんス)は福山に立ち寄った機会に求めてみようと思いました。

田しか福山駅を出たところに練り製品のお店があったように思います。

笠岡のきのしんにも立ち寄ってみたいと思います。

香辛料もプラスしてあるのでおいしそうです。

お尋ねの常習者で申し訳もございません。

国会議論スタートです。

     ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのミコばあちゃんです。

 与野党による国会論戦のスタート。

司令塔として4年を経過した総理の応答は具体性に乏しく

総論的な答えに終始した。

議院さんには丁寧で、ポイントを突いた責任ある質問であってほしい。

すなわち具体的で的を得た内容であるのは当然。

国会一日の計上皮が効果を生み出すことの少なかった内容でしかなかった。

皆さんは国税をいただいてその国税をいかに有効的に発動するかに真剣であってほしい。

与党質問も国難議論とは程遠いい。

選挙演説とは異なります。

国税、借金これの一門たりとも無駄はできる状況ではありません。

北朝鮮問題もさりとて、中国の海洋問題は放置できる内容とは言えず

独擅場にしてしまえば規制も聞かなくなりこれを避けるわけにはいかない。

貿易上航路としての役割を無視することはできまい・

 総理の議院の解散権の特権にも解約もあってよいのでは。

今回の選挙も満期全に施工する意味が不明な中挙行されたこと自体賛成できない。

動であるからどうすべき内容であってほしい。

総理もきちんと逃げることなく説明し、国家機密がどこまで適応されるのか判断不能であるため

肝心なところがベールに包まれることになってしまう。    

加計問題においても総理は丁寧に説明されたとはいえ

世論が納得できていない以上具体的説明に乏しいというわけだ。

より具体的であらねばならない。

野党の追今日もこれに対しては、具体的な疑念テンを答弁にしてほしい。

これは証拠に元ずく質問でなければならない。

衆院代表質問】各党の代表質問に対する安倍晋三首相の主な答弁

り。

【安全保障】

政府の最も重要な責務は、国民の命と平和な暮らし、領土、領空、領海を守り抜くことだ。その

責務を果たすため、厳しい安全保障の現実に真正面から向き合い、憲法の範囲内であらゆる切

れ目のない対応を可能とする平和安全法制(安保法制)を整備した。政府としてはベストなも

のと考えている。専守防衛はわが国の基本方針であり、堅持していくことは当然だ。

(有事の)朝鮮半島からの邦人退避と保護について、さまざまな状況を想定して必要な準備、検

討を行っている。韓国とは在韓邦人の安全確保について平素から緊密に連携し、米国とは『日

米防衛協力のための指針(ガイドライン)』も踏まえ協力を進めている。

北朝鮮情勢】

挑発を行っているのは北朝鮮のほうだ。世界中の誰一人として紛争など望んでいない。北朝鮮

政策を変えさせるため、あらゆる手段を使って北朝鮮に対する圧力を最大限にし、北朝鮮から

対話を求めてくる状況を作ることが必要だ。

【日本人拉致問題

トランプ米大統領拉致被害者家族と面会し、思いのこもった訴えに熱心に耳を傾けたことは、

問題の早期解決の重要性を世界に訴える上で非常に大きな力となった。拉致問題安倍内閣

最重要課題だ。私が司令塔となって、国際社会の圧力をテコとしつつ、北朝鮮拉致問題の早

期解決に向けた決断を迫る。

【対中外交】

日中韓サミットを早期に開催して李克強中国首相の訪日を実現し、その後、私が訪中し、習近平

国家主席に訪日いただきたい。首脳の相互往来を通じて日中関係を安定的に発展させたい。

憲法改正

最終的には国民投票によって決めるものだ。国会の憲法審査会で各党による建設的な議論が行わ

れ、国会での議論が深まる中で国民的な理解が深まっていくことが極めて重要だ。

原発政策】

原発依存度を可能な限り軽減することが一貫した方針だ。同時に、資源に乏しいわが国にとって

、電気料金のコスト、気候変動への影響、エネルギーの海外依存度を考えれば『原発ゼロ』は

責任あるエネルギー政策とはいえない。避難計画は、地域住民の安全安心の観点からその策定

を着実に進めることが重要だ。自治体とともに避難計画を継続的に充実、強化させる。

【森友、加計学園問題】

閉会中審査に出席するなど国会で丁寧な説明を積み重ねてきた。今後もその考え方に変わりはな

い。その上で、岩盤規制改革は力強く前に進める。各行政機関での公文書管理の質を高めるた

め、文書の作成、保存などのガイドラインを年内に見直すなど、不断の取り組みを進める。

【選択的夫婦別姓

家族のあり方と深く関わるものであり、国民の間にさまざまな意見がある。慎重な対応が必要だ。

地方創生の活性化、どうなっている??

     ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのミコばあちゃんです。

 安倍総理は安定政権を確保し、やるべきことに心血を注げる環境にある。

地方創生の看板はどこに行ったのでしょう。

 都市圏と地方とではあまりにも暮らしにおいても格差がある。

地方に人口がとどまらないのは働く場所がないからである。

省庁の移転問題も看板倒れ。

林業農業の大企業化の旗もどこへ行ったやら。

豊かな林業が育つことで,熊、猪被害も少なくなり農業の出費も抑えられる。

田舎において素晴らしい自然環境のもと

輸入だよりしなくて済む、おいしい野菜が日本において生産可能な

食料自給率のアップにつながる未来図が望まれます。

    山陽新聞より。

首相所信表明 地方創生はどこへ行った

衆院選の大勝で安定した政治基盤を継続させた安倍政権が、日本をどう導いていくのか。看板は

いくつも上がっているが、実現に向けた具体策が見えづらい。第4次安倍内閣の発足を受け、

きのう行われた安倍晋三首相の所信表明演説の印象である。

首相が、北朝鮮の核・ミサイル問題とともに国難の一つと位置付ける少子高齢化問題では、「人

づくり革命」の一環として、選挙戦で公約の目玉に掲げた幼児教育無償化の推進を強調した。

2020年度までに、3歳から5歳の全ての子どもの幼稚園や保育園の費用を無償化し、0歳か

ら2歳児は所得の低い世帯で無償化を実現するというものだ。待機児童解消のため、32万人

分の受け皿を整備するとも述べた。

高齢者に偏りがちな社会保障の給付を、手薄だった世代に広げる考え方は分かる。与党はその財

源として、再来年秋の消費税の10%への引き上げを当て込む。増税分のうち1兆7千億円を

使うという。

だが、その多くは本来、国の借金返済などに充てるはずだった財源である。危機的状況にある財

政の立て直しに水を差す政策変更だが、演説は財政健全化の具体的な道筋には触れずじまいだ

った。

今回は安倍政権ではこれまでで最も簡略な演説だった。ただ、言葉の数の問題ではなく、内容が

政策の羅列にとどまり、実現のための具体論に乏しかった印象は否めない。

加えて残念なのは、かつて政権の大看板だった「地方創生」の影が、すっかり薄くなってしまっ

た点だ。

演説では、質の高い農林水産物の輸出増加の実績や、新規の若手就農者の増加を挙げて、若者が

将来に希望を持てる「農林水産新時代」を切り開くと述べた。地方創生については、その中で

農政改革が地方創生の大きな切り札」と触れたにすぎない。

安倍政権は、首都圏に本社機能を置く企業の地方移転へ旗を振り、国が模範となるとして中央省

庁の地方移転も進めようとしてきた。しかし、省庁の抵抗に遭って、全面移転が決まったのは

京都府に移る文化庁だけにとどまった。地方から首都圏への人口の転入超過を解消するという

目標も掲げたものの歯止めはかからず、掛け声倒れの感が強まりつつある。

ここは一度、政策を厳しく検証し、見直すべきは見直して策を講じる時期のはずだ。だが、演説

からは地方創生の推進に向けた意気込みは伝わらなかった。この問題に対する本気度が疑われ

よう。

首相は再三にわたり、建設的な政策論議を野党に呼び掛けた。国会では、ともすれば批判に終始

しがちな野党と、まともに答えようとしない与党との、かみ合わない論戦が目につく。来週か

ら代表質問が始まるが、まずは自民党が1強におごることなく、謙虚かつ丁寧な姿勢で論戦に

臨むことが求められる。

福井の中学生の自殺者、「発達障害」ではないかとの助言も無視した担任。

     ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのミコばあちゃんです。

3月に自殺した福井県の中学二年生は「発達障害」ではないのかと

他の職員からも助言があったにもかかわらず、副担任ともに叱責行為を繰り返していたとはあき

れてものが言えない。

これほど人間性が欠落しているのかと疑いたくもある。

生徒に思いやりをもって接する能力もないのかと残念でならない。

 発達障害のことは父兄にも告げられることはなかったという。

これが高等教育を受け教師として受け入れられていることに同意しがたい。

 生徒が土下座をした利、過呼吸を起こしているにもかかわらず

なおも二人で叱責行為を緩めなかったのは

発達障害を見据えた行為と言われても仕方がない。

教育の行為は完全に逸脱しきっている。

これは刑事事件として処罰されるべきではないのか。心の暴力行為そのものではないのか。「発

達障害」であるならば病気に寄り添った対処もあるはず。

教員お二人にも心の発達障害がおありではないのでしょうか。

教員の原因による未来の子供を、あの世に送ることなど

許される行為ではありません。

学校は命をはぐくむ場所です。

 教員は学力だけでなく、深くその人格までも求められなければなりません。

     読売記事より。

発達障害疑い、助言受けた担任ら放置…叱責自殺

〈男子生徒の自宅の仏壇には同級生が届けた花や、好きだった漫画が供えられている(16日、

福井県池田町で)=高木文一撮影〉

男子生徒の自宅の仏壇には同級生が届けた花や、好きだった漫画が供えられている(16日、福

井県池田町で)=高木文一撮影

福井県池田町の町立池田中学校で3月、2年生の男子生徒(当時14歳)が自殺した問題は、担

任と副担任の厳しい叱責が原因とする調査委員会の報告書の公表から1か月が過ぎた。

報告書は生徒について「発達障害だった可能性がある」とし、担任も同僚からそう伝えられてい

た、と指摘した。特別な支援が必要な生徒を巡っては、国の指針などに基づき各都道府県で体

制を整えている。だが、同校では今回こうした仕組みが全く機能していなかった。

「指導方法を考えるべきではないか」。今年2月頃、男子生徒の発達障害を疑った教務主任は、

叱責を繰り返す担任の30歳代の男性教師を見かねてこう助言した。担任と、副担任の30歳

代の女性教師は宿題の未提出などが続いた生徒を大声で怒ったり、執拗(しつよう)な指導を

繰り返したりしていた。

先月15日に公表された報告書によると、主任は生徒の受診を保護者に勧めるよう担任に促した

という。教員間でも、その疑いが話題になっていた。だが、担任は校長らに相談せず、家庭訪

問時に保護者に伝えることもなかったという。

(ここまで452文字 / 残り1128文字)

2017年11月19日 11時39分

Copyright (c) The Yomiuri Shimbun

目玉政策先行でよいのか??

      ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのミコばあちゃんです。

政府の目玉政策の保育の全面無償かスタートしようとしています。

高額所得者まで一律とは、あまりにもおーバンブル枚ではありませんか。

児童手当はきちんと支払われているのではありませんか。

 お年寄りは介護保険の削減のため生きることすらstopがかけられるように思います。

私は現在は月に一万円の負担額です。

これも将来、また今手助けがいる人のためであればと理解できています。

そのため、梅干し茶漬けの生活です。

 本当に必要なところに手当てがなされるべきです。

工学者負担はお願いすべきです。

この費用の支払いは、給付者本人の将来の支払額となってます。

これが効果的に機能するのかどうかは疑問です。

保育者の通園環境もまた問題です。

燃焼児教育は何より大切と思っています。

幼児期に必要なことは、精神面を含め基礎体力が課題です。

家族が担うべき役割も少なからずあるはずです。

親の背中こそが大切な役割です。

将来を担う用事がもやしっ子では困ります。

 此のたび両陛下は多くの事柄を

身をもってお教えいただいたように思います。

鹿児島の奄美諸島お見舞いを果たされました。

これも天皇陛下の希望であったようです。

 象徴としての役割を超えたお人のあるべき姿まで深く胸に

届くお人としての在り方までも深く根差すものでした。

このようなお人の関係が親から子供絵と受け継がれることこそが基礎的人間力の財産としてほし

いものです。

目玉政策ありきではなく、内容重視にしてほしいものです。

財源の健全化なくして社会保障なし。

    東京新聞より。

11月18日のコラム

これは、米国の政治小噺(こばなし)…。初めての子を授かったばかりの男性が、みんな顔を真

っ赤にして泣いている新生児室を見つつ漏らした。「なんで、みんなあんなに泣いているのか

な?」。

それを聞いていた医師が、ひと言。「生まれてまだ間もなく、将来も分からず仕事もなく、それ

なのに政府の赤字が一人当たり数千ドルもあったら、あなたも泣きたくなるでしょう」。

赤ん坊がそんな理由で泣くとしたら、この国の赤ちゃんは、どうなるか。わが国の借金は千八十

兆円余で、国民一人当たり実に八百五十万円余である。

少子高齢化で若者世代の負担は重く、さらに教育費の負担もずしんと重い。非正規雇用が多く、

賃金は伸びない。そう聞かされたら、赤ちゃんは青くなって黙り込むかもしれない。

きのうの所信表明演説で首相は「少子高齢化の克服に向けて力強く踏み出す時」と語り、幼児教

育の無償化などを打ち出したが、財源はどうするか。借金まみれなのに、米政府の言うまま巨

額の兵器を次々買い、兆の税金を注ぎ込んでもまともに動かぬ核燃料サイクル事業を続けて財

政再建はできるのか。

これも、米国の政治小噺…。小学生が、国の財政について作文を書いた。<未来の人たちが、こ

こにいないのは残念です。僕らが、彼らのお金で、いろいろ好きなことをいっぱいやっている

のを、見せてあげたいと思うからです>

高齢にもかかわらず、長旅ながら