効果が疑問視されている認知症のお薬?

 

  ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのみこばあちゃんです。

おはようございます。

今、コーヒーを飲みながら雨音に耳を傾けているところです。

 昨日義理の姉「75歳」が職場において交通事故にあい

両足の大腿部と、両膝の骨折で救急搬送され

急遽、入院…  たちまち困ったのが兄です。

おさん以外は入院したこともないという姉だよりで

キャッシュカードも使えない程国宝級

男性も一人になる覚悟も承知し、家事能力だけは必須条件!

 我が家に、2色だけは賄うが、朝食だけは一人でするようきっぱり突き放す。

20キロ離れた距離の往復は大変…

洗濯機まで使えない程の依存症。

兄の認知症が来ませんようにとひたすら祈るのみ。

 定年後は小細工、お盆、貸し機など夢中で作るだけの

能力しか持ち合わせていない兄…

人の思いやりなど一つも持ち合わせていないのだけれど

まあー、よくいきれたもんだとあきれっぱなしで言葉もありません。

 高齢者7人に1人の認知症患者が存在するといわれていますが

 団塊の世代が高齢化になる2025年問題になると

3人に一人が高齢者ともいわれています。

 認知症の患者の多くがお薬を処方され、服用されていますが

処方薬に疑問を持つ現場の職員も少なくないといわれています。

興奮気味な患者に対する処方にも変化が見られず

疑念を抱く家族も増えていることも確かです。

高齢者の薬の吸収能力も落ちている観点からも

認知症のお薬は、徐々に少なくする方向に向かってほしいものです。

その介護の大変さは承知のとおりです。

誰もができうるならば認知症になりたくなんてないと思いながら

気が付けばご近所から、「この頃あの人変…?」と

他人が気付くことが大半。

 グループ活動に熱心であるからと言って、認知症になる人も

少なからずおられます。

高齢者の一人暮らしには、認知症の進行によって引き起こされるトラブルや、孤独死

どの問題がつきまといます。

認知症の進行

一人暮らしの高齢者が認知症にかかると、地域の約束事を守れなくなり、近所の住人と

トラブルになることが懸念されます。例えば、症状の悪化に伴いごみ出しのルールを守

れなくなったり、悪いことと認識できず大声で騒ぎ、騒音の苦情が発生したりすること

があります。最悪の場合、今住んでいる部屋からの退居を余儀なくされたり、犯罪に発

展したりするケースもあるため、認知症高齢者を一人きりで生活させるのは問題が大き

いといえます。

冬になると、高齢者が家事を出すケースもよく耳にします。

高齢者はいち早く電化に切り替えるべきだと思います。

昔ながらの燈油のストーブの事故も想定されます。

高齢者の節約志向は、収入減からくるものもあがらエないので

これは子供たちのサポートは不可欠。

認知症は脳の神経細胞が徐々に脱落することによって、脳の処理機能が低下する病気で

すが、神経細胞を再生させたり、神経細胞が死ぬのを防ぐ薬はまだ見つかっておらず、

今後の研究の進展が待たれるところです。では認知症患者さんに薬を出すのはどうして

でしょうか?

まず、認知症患者さんの脳全体の活動が低下する場合は元気がなくなったり、意欲・や

る気がなくなってしまいます。このような場合には、脳を活性化する薬によって少し気

力が回復する可能性があります。また脳の神経細胞の働きのバランスが崩れると、すぐ

怒ったりイライラしたりするような症状になる場合もありますが、このようなケースで

は脳の活動を穏やかにしたり、神経活動のバランスを調節する薬が使われます。

実際の患者さんでは、意欲の低下とイライラが混在したりしますので、認知症の薬は数

種類の薬を調節しながら飲んでいただきます。

認知症にはどんな薬を使いますか?」

現在、アルツハイマー病に使う薬が4種類、レヴィー小体型認知症に使う薬が1種類認

可されており、多くの認知症患者さんが服用されています。

「薬はどのくらい効きますか?」

残念ながら現在使用されている薬には、根本的に認知症の進行を止める働きはなく、飲

んでいても最終的には認知症は進行します。また記憶障害や行動障害を劇的に改善させ

るほどの効果も期待できません。しかし脳で生き残っている神経細胞を活性化させ、覚

えたり考えたりする働きをある程度保つ可能性があります。また、日常生活に活気が出

たり、イライラや不安を少なくすることによって生活の質を上げる効果も期待できます

「地元のストレス頂点」 台風被害の市議選は政策<清掃

http://www.asahi.com/articles/ASM9M24R5M9MUDCB001.html

 子供にも学んでほしいお金の管理法

 

   ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのみこばあちゃんです。

 ここにきて朝晩の風にやっと、秋を見つけたかと思うと

北海道の大雪山の山系には初雪の便りも…!

 でも太陽の元の気温は真夏並み。

 子供たちは、お金の価値観をどのようににんしきしているのだろうか?

我々の時代の前半は、今のように振り込みではなく

現金支給であったこともあり、押し頂くようにありがたく

重い気持ちで受け取れる良き時代でもありました。

 その後金融振り込み、そして貸し金融が横行し、

自己破産組が多く出てくるようになりました。

貸し金融による梯子から自己破産へと、転落した人も

横行した時代でもありました。

金融振り込み時代に入り、そのお金の重さも少し変わった受け止めから

今や、電子マネーとなり、労働から受け取られた重さまで

軽く感じてしまうのは昭和のばばちゃん時代の

申し子だからでしょうか?

 お金は労働により報酬としてその価値評価がなされていることも重要!

 お年玉となると、日ごろ疎遠のジジババのところまで出向き

お年玉をいただきその総括が3万円から5万円は当たり前…

 お金はたくさんの汗の結晶とでも言いたいくらい、重くて大切なものです。

働かない限り、日常の暮らし自体成立しませんし

多くの対人関係の中に、労働が組み込まれている実態把握も必要条件。 

 労働の苦労もなく単純に得られてしまう危うさを知り家庭においても

小遣い長の管理法も身に着けたいもの!

働かないと、食べることができないことも知るべきです。

最低限身につけるべき金融リテラシーの内容は、「家計管理」「生活設計」「金融知識

及び金融経済事情の理解と適切な金融商品の利用選択」「外部の知見の適切な活用」の4

分野に分かれています。

楽天三木谷社長も高校二年のころから、ネット上で企業を立ち上げていたと

確かNHKのインタビューで答えてもおられました。

子供たちに培って欲しいと期待している能力として「自立する力」と「社会とかかわる

力」を挙げることができる。金融教育の意義をそうした観点からとらえれば、次のよう

に整理することができる。

ア.お金を通して生計を管理する基礎を身に付け、それをもとに、将来を見通しながら

、より豊かな生き方を実現するため、主体的に考え、工夫し、努力する態度を身に付け

ること(自立する力の育成支援)

生計を立てるためにはまず働いて収入を得ることが基本であることを自覚する。そのた

めには働くことに積極的にかかわり、働くことの辛さを体験するとともに、働くことの

楽しさや意義を理解する。さらにそれを土台に、なりたい自分やよりよい生き方につい

て考え、将来の自分の職業についても主体的に考える態度を身に付ける。

働くことを通してお金の価値の重さを知り、使えるお金には限りがあることを理解した

上で、それをどう消費や貯蓄に振り向けるかを考える。その際、工夫を凝らしてやりく

りすることの大変さ、楽しさ、大切さを身をもって理解する。さらに、それを手がかり

として、将来を見通した生活の姿を資金計画をもとに現実的に組み立てるとともに、生

活していく上で生ずるリスクについて考え、その予防策や対応策について知り、活用で

きるようにする。

イ.金融・経済の仕組みを学び、働くことやお金を使うことなどを通して、社会に支え

られている自分と社会に働きかける自分とを自覚して、社会に感謝し、貢献する態度を

身に付けること(社会とかかわる力の育成支援)

金融の働きや経済の仕組みを理解すること、職場体験等の体験学習を行うことなどを通

じて、自分が様々な支えや関係性のもとで生かされていることを知り、つながりの大切

さ、他を尊重する気持ち、ルールを守る必要性などを理解し、周りの人や社会に感謝す

る心を養う。

同時に、働くことやお金を使うことなどを通して、自分が人や社会に影響を与えている

ことを理解する。それを踏まえ、よりよい社会を築くために自分が社会の一員としてな

すべきことを考え、お金の活用を含めて主体的に取り組む態度を身に付けるとともに、

社会経済がかかえる課題に対しても幅広く関心をもち、その解決に向けて合理的・主体

的に考える態度を養う。

<2> 金融教育の魅力

子供たちの成長に願いを込める保護者や教育を受ける子供たちの立場に立って金融教育

の意義をより魅力あるかたちで表現すれば、次のように整理することもできる。

ア.金融教育は現実の社会と触れ合う機会を提供する

いまの子供たちは生活体験、社会体験等が不足しているといわれる。金融教育は現実の

社会を知るための知識を学ぶが、それだけが目的ではない。体験的な学習などを通して

、知識や課題を常に自分の暮らしや生き方とかかわらせながら理解し、それを現実の場

で活用したり、行動に表す部分が大事な構成要素となる。従って、金融教育は常に実社

会や自己の生活といった現実に目を向けさせる窓としての実学的性格をもち、やがて子

供たちが生活者や社会人としてその役割を果たすための予備教育となる。

イ.金融教育はたくましい人間形成をサポートする

いまの子供たちは何事につけ簡単に答を知りたがる傾向があるといわれる。金融教育は

、金融分野の知識や情報を得ることだけでなく、教科等の学習で得た知識や、自分なり

の経験・判断を織り込みながら、課題解決に向けて、総合的に組み立て、高度に応用す

る力を養う点に特徴がある。得られた知識、友だちの考え方、自分の価値観、現実的な

制約等様々な条件を加味しながら、課題解決のためのいくつかの選択肢を考え、その中

から最良と思われるものを選び取る過程で、子供たちは物事を複線的にとらえ、柔軟で

たくましく生きる基礎力を培うことができる。

ウ.金融教育は将来への意欲や活力を生み出す

いまの子供たちは将来に明るい希望がもちづらくなっているとの指摘がある。金融には

その機能の1つとして「現在と将来をつなぐ」働きがあり、金融教育にも「将来」を意

識した様々な内容が含まれている。将来を考える上で特に大事なことは、子供たちが内

発的な意欲をもって未来に夢を紡ぐことができるかどうかである。その意味で金融教育

が重視する体験的な学習の意義は大きい。子供たちは体験学習の中で、実感や感動、新

鮮な気付きや達成感、新たな意欲や関心に出会う。そして幅広い人々や現実との触れ合

いの中で、それぞれの感性や志向をもとに、他と自分を比較するのではなく、自分自身

の、自分にしかない夢や未来を見いだす機会を得る。これは必ずしも学力や評価と直接

結び付くものではないが、子供たちの将来にとってかけがえのない成長の種を提供する

。そして、それが結果としては教科等の学習により積極的に取り組む動機付けを与える

ことになる。

日本人が残念なほどお金を「わかってない」事情 -

http://toyokeizai.net/articles/-/303396

法人税対策はどうなっている??

   ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのみこばあちゃんです。

 おはようございます

「早起きは三文の徳とか」…

まさにその通りです。

半袖では肌寒いところまで、秋の到来を 肌に感じるようになりました。

燈油の高騰も気になるところです。

 政府はこの度、消費税対策の費用として

2兆円もの予算を計上しています。

これはプレミアム商品券であったり、キャッシュレス料金

年金生活者支援措置としての予算でもあります。

 この2兆円が効果をそうする内容かどうかについては?

 これからの経済の成長率の鈍化を考慮したとき

増加せざるを得ない日本の実態は確かなもの…?

確実な税金対策としての消費税は15パーセントから20パーセントにと

実態軽視はできない債務残高?

安倍総理はこれからしばらくは増税対策は不必要と述べている。

企業の増税を抑えているだけでは、税収ははことごとく制限され

消費税に頼るほかないのでは…?政府は選挙だより野もと、法人税

下げ続けています。

それは経済なくして生活はないといわれていますが

いまのじったいがそうといえるのでしょうか?

姑息な冷え込み対策を望むのではなく、必要な増税対策であるならば

軽減税率に道を開くのではなく、確実に税金対策としてのスタートが望まれます。

自動車であったり、住宅対策であったりと軽減ばかりが目立ち

国の予算が無駄に労費されているとしか思えない実態増税は視野にいるのではないのだ

ろうか?

 消費税の目的対策は堅持されなければならない。

これはお国の約束事!

総理の自己保身のための教育無償化は

降ってわいたような突然対策。

しかも富裕層にまでこれを適応するなんてもってのほか??

 食費の軽減対策は、その前の食料品のコストアップで

消費者の打撃は少なくありません。

これでは消費税のアップが、2兆円対策に埋もれてしまい、

何のための増税対策といえる  のか判らない?

引用文です。

消費税を増税すると貧困と格差が拡大し、国の財政も悪化して必要な公共投資や社会保

障費の確保も不可能になります。国民生活が先進国とは呼べない水準に下落することは

間違いありません。

消費税増税は、毎年の成長率を長期的に下落させます。成長率は極めて重要で、中国は7

%ずつ成長していますので、10年ごとに所得が2倍に拡大しています。それに比べて日本

は、成長率がジリ貧で経済が縮小しています。

経済学的にいえば、消費税増税が一番ダメな理由は、成長率を長期的にかつ大幅に下落

させてしまうことです。

デフレ続く日本

-日本がデフレに陥ったのは97年に消費税が5%に増税されてからと言われていますね。

消費、物価、企業業績と投資、所得の全てが互いに循環的に影響を及ぼしながら同時に

下落するというのが「デフレ不況」です(下の図)。日本ではGDP(国内総生産)の6

割が家計による消費ですから、そこが伸びなければ経済はトータルに伸びません。

Image

日本経済はこの30年間に4回ショックを受けています(グラフ1)。97年の消費税5%への

増税、08年のリーマンショック、11年の東日本大震災、そして14年の消費税8%への増税

です。

リーマンショックや大震災より消費税増税の方が消費の下落は大きく、しかも影響が長

く続き、元の状態に戻るのに時間がかかります。8%への増税が最も大きな影響を与え、

消費の下落が今も続きデフレから脱却できていない中で、消費税を10%に増税すると「

日本経済は破壊しますよ」と言っているわけです。

Image

法人税所得税についても言及されていますが…。

国税の税収割合の推移を見ると、消費税が高くなる一方で、法人税所得税が低下して

います(グラフ2)。日本経済がデフレになった根源的な原因は、直接税(法人税や所得

税)と間接税(消費税)の比率(直間比率)が変わったからです。間接税の比率が高く

なったから、景気が冷え込んだわけです。直接税というのは景気を冷やさない。税金は

お金持ちや利益があるところからたくさん取る。困窮している人からは取らない。困窮

していようがいまいが、とにかく取るというのが間接税です。消費税は消費者にとって

消費行動の"罰金"のようなもので、消費税を上げれば上げるほど消費にブレーキがかか

り、デフレは進みます。

Image

法人税増税こそ

-逆に消費税が減税されると、消費は増えると。

増えるでしょうね。理論的にいうと、たとえ消費が増えなくて消費税が5%に下がると実

質物価は3%下落し、実質消費が3%拡大します。たくさんのモノが買えるようになる、

という効果があるのです。ですから消費税減税は極めて効果が大きい経済対策です。

デフレ脱却の本丸は、法人税増税と消費税減税です。これだけで日本は、あっという間

にデフレから抜け出せます。

-しかし、政府は消費税増税の一方で、法人税を引き下げようとしています。

法人税を引き下げるのは財界、とりわけ大企業の圧力があるからです。大企業も国民の

一員ですから、大企業のための経済政策を展開する必要がありますが、99%が中小企業

ですから、そこへの経済政策が必要です。大企業が栄えれば経済が栄えるというトリク

ルダウンは、間違いであることは証明済みです。

「消費税増税を凍結したら、社会保障の財源はどうするんだ」という議論が必ず出てき

ます。しかし、消費税を増税すると税収が下がり、ますます社会保障に回らなくなりま

す。社会保障費を捻出しよう思えば、減税して税収を増やすことが一番の近道です。

絶対に諦めない

-消費税増税を凍結させるための展望は?

官房長官も「最終的な判断は予算成立後」と言っていますからね。普通に考えれば、

消費税増税ができる環境ではありませんので、増税凍結の展望は十分にあると思います

よ。

消費税増税はまだ決まっていません。そのことを知ってもらう。「増税は決まったでし

ょう」とみんな思っているわけです。大切なことは、絶対に諦めないことです。私も、

消費税増税がどれだけ破壊的なのかを発言し続けます。

効果はかなり謎!「軽減税率」のココがおかしい -

http://toyokeizai.net/articles/-/302655

 老いの過程を知ることで「おいおいなんて、慌てませんように」…。

   ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのみこばあちゃんです。

 千葉県といえば、思い起こすのがラッカセイの産地。

 収穫目前の台風に相当の損害が予想されています。

 まだ6万人以上の家庭に電力は届いていません。

遠く離れていない東京にボランティアの温かい

家庭の施しも欲しいものとつぶやいてみたくもなります。

知人の家を転々とした挙句に、やはり伝統はなくても

我が家が一番と考えるお人は少なくない…

 今、みこちゃんは、家事労働に差し支えるほどの腰痛症です。

 これを強く意識するようになったのが60過ぎから出

太ももの背面の縮み方が著名になり始めた頃でしょうか…

 すべき労働は、山のようにありますが

ゆるーりゆるゆるがmylifeになっています。

 運動不足は食欲の低下、筋力の減少。

脊柱が変形することで、顎までも前に出ことも自然体系のようになり

逆流性の食道炎となり、遺産まで逆流することで

胸やけなどと思わぬ副作用で、さらなる体にダメージ減少が

坂を 転げ落ちるように「あー、もうどうにも止まらない」の高齢者の体

腰痛症になると、やがて、膝、足首と痛みの範囲は拡大の一途

あげくの果ては、つま先歩行となり、転倒の悲劇が待ち受けている…

高齢者のシナリオは

こうも簡単に描けてしまう。 今から腰痛症で、あきらめムードになっていたのでは

お先真っ暗

お金は増やせないけれど。まだまだ筋力だけは

貯金は聞くのだと運動、ストレッチも

わが暮らしの三歩かも…!!

老化の概要

加齢に伴う体の変化

高齢者の病気

高齢者の健康に対する間接的な影響

老化が加速する病気

1 iOS Android

加齢に伴い、個々の細胞やすべての臓器で変化が起こり、体が変化していきます。それ

により機能面や外見が変化します。

細胞の老化

細胞が老化するにつれ、機能も衰えます。体の正常な機能の一部として、古い細胞は最

終的に死滅します。

古い細胞が死ぬ理由の1つは、そうなるようにプログラムされているからです。細胞の遺

伝子には、誘発されれば細胞死に至るような過程がプログラムされています。アポトー

シスと呼ばれるこのプログラム死は、いわば細胞の自殺です。細胞の老化は1つの引き金

になります。新しい細胞に場所を空けるために、古い細胞は死滅する必要があります。

その他の引き金には、細胞数の過剰な増加や、細胞の損傷などがあります。

古い細胞が死ぬ理由は、細胞は限られた回数しか分裂できないからでもあります。この

制限は遺伝子によりプログラムされています。細胞はそれ以上分裂できなくなると、膨

張し、その後しばらくしてから死にます。細胞分裂を制限する仕組みとして、テロメア

という構造が関与しています。テロメアは、細胞分裂の準備過程で細胞の遺伝物質を移

動させるのに使用されます。細胞が分裂するたびに、テロメアは少しずつ短くなります

。最終的に、テロメアがごく短くなり、細胞がそれ以上分裂できなくなります。

細胞の損傷が直接、細胞死の原因になることがあります。放射線、日光、化学療法薬な

どの有害物質により、細胞が損傷を受ける場合もあります。細胞は、自身の正常な活動

で生成される副産物によっても損傷を受けます。フリーラジカルと呼ばれるこれらの副

産物は、細胞がエネルギーを産生するときに放出されます。

知っていますか?

ほとんどの機能低下は通常、老化ではなく病気によって起こります。

送信の プッシュボタン 確認送信の プッシュボタン 確認

臓器の老化

臓器がどの程度良好に機能するかは、そこに存在する細胞がいかにうまく機能するかに

依存します。老化した細胞の機能はあまり良好ではありません。また、一部の臓器では

、細胞が死滅しても置き換わらないため、細胞数が減少します。精巣、卵巣、肝臓、腎

臓の細胞数は、体の老化とともに著しく減少します。細胞数が少なくなりすぎると、臓

器は正常に機能しません。このように、ほとんどの臓器の機能は年齢とともに衰えます

。しかし、すべての臓器が多数の細胞を失うわけではありません。脳はその一例です。

健康な高齢者は多くの脳細胞を失わずにいます。脳細胞の顕著な減少が起こるのは、主

脳卒中を起こした人、またはアルツハイマー病もしくはパーキンソン病などの神経細

胞が次第に失われていく病気(神経変性疾患)にかかった人です。

病気によるものであっても、または加齢そのものによるものであっても、臓器の機能低

下は他の機能に影響を及ぼす可能性があります。例えば、動脈硬化により腎臓血管が細

くなった場合、血流が減少するため、腎機能が低下します。

多くの場合、加齢の最初の徴候は筋骨格系に現れます。眼、続いて耳が中年期の初期に

変化し始めます。体の内部の機能も大半は年齢とともに低下します。ほとんどの身体機

能は30歳手前でピークに達し、その後、徐々にですが連続的に衰退し始めます。しかし

、衰退するものの、たいていの機能は十分維持されます。なぜなら、ほとんどの臓器に

は最初、体が必要とするよりもずっと多くの余力(機能予備能)があるためです。例え

ば、肝臓の半分が破壊されたとしても、残りの組織で十分に正常な機能が維持できます

。したがって、高齢期の機能低下の大半をもたらしているのは、通常は正常な老化現象

ではなく病気です。

ほとんどの機能が十分に維持されていても、機能が低下すると、高齢者は激しい運動、

環境の過度の温度変化、病気など、様々なストレスに対処しにくくなります。この衰え

は薬の副作用を受けやすくなることを意味します。一部の臓器は、ストレスを受けると

、他の臓器よりも機能不全が起こりやすくなります。このような臓器には、心臓、血管

、泌尿器(腎臓など)、脳などがあります。

骨と関節

骨密度は低下していく傾向があります。それによって、骨が弱くなり、骨折しやすくな

ります。女性では閉経後にエストロゲンの生成量が減るため、骨密度の低下が急激に進

みます。骨の形成、破壊、再形成という体の正常な過程の中で、エストロゲンは骨が過

剰に破壊されるのを防ぐ助けになります。

骨密度の低下の一因として、骨に強度を与えるカルシウム含有量の減少があります。食

事から吸収されるカルシウムが少なくなるため、カルシウム量が減少するのです。また

、体のカルシウム利用を助けるビタミンD量もわずかに減少します。特定の骨は他の骨よ

り弱くなります。最も影響を受けやすい骨には、大腿骨の股関節側骨端、腕の骨の手首

側の骨端(橈骨、尺骨)、脊椎の骨(椎骨)などがあります。

脊椎上部の椎骨の変化により、頭が前に傾き、のどを圧迫します。その結果、飲み込む

ことが困難になり、窒息しやすくなります。椎骨密度が低下し、その間の組織のクッシ

ョン(椎間板)は体液を喪失して薄くなり、脊椎が短くなります。これにより、高齢者

は背が低くなります。

長年動かしたことによる摩耗や亀裂が一因となり、関節軟骨が薄くなる傾向があります

。関節の表面同士が以前のように滑り合わなくなり、関節がいくらか損傷を受けやすく

なります。関節を長年使い続けたこと、またはけがを繰り返したことによる軟骨の損傷

は、しばしば変形性関節症をもたらしますが、これは晩年に最もよくみられる病気の1つ

です。

関節同士を結合する靱帯や筋肉と骨を結合する腱では、弾性が低下しがちで、関節が固

いまたはこわばった感じがするようになります。これらの組織もまた弱くなります。こ

のように、ほとんどの人で柔軟性が失われていきます。靱帯が断裂しやすくなる傾向が

あり、断裂した場合の治りが遅くなります。これらの変化が起きるのは、靱帯と腱を維

持する細胞の活動性が低くなるためです。

筋肉と体脂肪

筋肉組織の量(筋肉量)と筋力の減少は30歳前後から始まり、生涯続く傾向があります

。こうした減少は、筋肉の発達を刺激する成長ホルモンとテストステロンの量が減少す

ることが原因で生じることがあります。また、速筋線維の方が遅筋線維より多く失われ

るため、筋肉は素早く収縮できなくなります。しかし、成人期において加齢の影響が原

因で減少する筋肉量と筋力は約10~15%以下です。これよりも重度の筋肉減少(サルコ

ペニアといい、文字通り筋肉の喪失を意味します)は、加齢だけではなく、病気または

過度の運動不足が原因で生じます。

ほとんどの高齢者には、必要な作業をするのに十分な筋肉量と筋力があります。高齢者

にも優れた運動能力を維持している人は多くいます。こうした人々はスポーツで競い合

い、元気に運動を楽しんでいます。しかし、どれほど壮健な人でも、加齢による衰えに

は気づきます。

知っていますか?

高齢者が1日間、床上で安静にしたときの筋肉量の減少を補うためには、最大2週間の運

動が必要です。

送信の プッシュボタン 確認送信の プッシュボタン 確認

筋肉を強くするための定期的な運動(レジスタンストレーニング)により、筋肉量と筋

力の減少をある程度抑えたり、またはその進行を大幅に遅らせたりすることができます

。筋肉を鍛える運動では、重力(腹筋運動または腕立て伏せ)、体重、またはゴムバン

ドの負荷に対抗して筋肉を収縮させます。このような運動を定期的に行えば、運動して

いなかった人でも筋肉量と筋力を増強することができます。反対に、運動をしないでい

ると、特に病気の間の床上安静の場合には、筋肉は大幅に衰えていきます。運動をしな

い間に、高齢者では若い人に比べ急速に筋肉量と筋力が減少します。例えば、1日間の床

上安静で失われる筋肉量を補うために、最大2週間の運動が必要です。

75歳までに、体脂肪率は一般的に若い頃の2倍になります。体脂肪が多すぎると、糖尿病

など健康上の問題が生じるリスクが増加することがあります。脂肪の分布も変化し、体

幹の形が変わります。健康的な食事と定期的な運動は、高齢者の体脂肪増加を最小限に

抑える助けになります。

加齢とともに、以下のような変化が起こります。

水晶体が硬くなり、近くのものに焦点を合わせにくくなります。

水晶体の密度が高くなり、薄暗い場所でものが見えにくくなります。

光の変化に対する瞳孔の反応が遅くなります。

水晶体が黄色くなり、色の感じ方が変化します。

神経細胞が減少し、奥行きの認識力が衰えます。

眼で生成される涙液が減り、眼の乾きを感じるようになります。

多くの場合、視力の変化が老化の最初の明らかな徴候です。

水晶体の変化により、以下のようなことが起こります。

近くを見る視力(近見視力)の喪失:ほとんどの人は40代で、60センチメートルより近

くのものを見るのが困難になっているのに気づきます。この視力の変化は老視と呼ばれ

、水晶体の硬化により起こります。正常であれば、水晶体は眼の焦点を合わせるように

その形を変化させます。水晶体が硬くなると、近くのものに焦点を合わせることが困難

になります。最終的に、ほぼ全員が老視になり、拡大老眼鏡が必要になります。遠くの

ものを見るのに眼鏡が必要な人は、遠近両用眼鏡または可変焦点レンズの眼鏡が必要に

なります。

より明るい光が必要:加齢に伴い、水晶体の透明性が低くなるため、薄暗い場所でもの

を見るのが困難になります。水晶体密度が高くなると、眼の後ろにある網膜に届く光が

少なくなります。また、光を感じる細胞がある網膜の感受性が低くなります。そうする

と、読書にはより明るい光が必要になります。平均的に、60歳の人が読書する場合は、2

0歳の人の3倍の光が必要です。

色覚の変化:加齢に伴い水晶体が黄色みを帯びてくるため、色の感じ方が変わります。

色が暗く見えるようになり、違う色のコントラストを見分けるのが難しくなります。青

色はより灰色っぽく見え、青い印刷や背景が色あせて見えます。ほとんどの人にとって

、これらの変化は大したことではありません。しかし、高齢者にとっては、青い背景上

の黒い文字または青い文字が読みにくい場合があります。

光の変化に対する瞳孔の反応が遅くなります。瞳孔は周囲の明るさに応じて広がったり

狭まったりして、入ってくる光の量を調節します。瞳孔の反応が遅くなった高齢者が暗

い部屋に入ると、最初のうちはものが見えなくなります。また、照明の明るい場所に入

ったときにも一時的に眼が見えなくなります。また、高齢者はまぶしさにも敏感になり

ます。ただし、まぶしさに対する感受性の増加は、多くの場合、水晶体の一部に出た濁

り、または白内障のためです。

知っていますか?

60歳の人のほとんどは、読書に20歳の人の3倍の光が必要です。

送信の プッシュボタン 確認送信の プッシュボタン 確認

陰影や色調など、細部を見分けるのがより困難になります。その理由はおそらく、眼か

ら脳へ視覚信号を伝える神経細胞の減少によるものです。この変化が奥行きの認識の仕

方に影響を及ぼし、距離の判断を難しくします。

高齢者では、視野の中で動く小さな黒い点が増加することがあります。飛蚊と呼ばれる

これらの小さな点は、正常な液体が眼の中で固まったものです(飛蚊症)。飛蚊症は視

野を著しく妨げるものではありません。その数が急に増えないかぎり、心配する必要は

ありません。

眼は乾きやすくなります。この変化は、眼の表面を滑らかな状態に保つ液体を産生する

細胞が減少することにより起こります。涙の生成量が減少することがあります。

眼の外観がいくつか変化します。

白眼の部分(強膜)が黄ばんだり、または茶色に変色したりします。この変化は、長年

にわたり紫外線、風、ほこりにさらされた結果として起こります。

特に皮膚の色が濃い人で、白眼に不規則な色のしみが現れます。

灰白色の環(老人環)が眼の表面に現れます。環はカルシウムとコレステロールででき

ています。視力に影響を及ぼすことはありません。

眼の周りの筋肉が弱くなり腱が伸びるため、眼球から下まぶたが垂れます。外反という

この状態は眼球の潤滑を妨げ、ドライアイの一因となります。

眼の周りの脂肪量の減少により、眼が頭部に陥入したようにみえます。

聴覚の変化の大部分はおそらく騒音への曝露と加齢によります。長期間大きな騒音にさ

らされると、徐々に聴力が損なわれます。とはいえ、大きな騒音への曝露に関係なく、

年齢とともにいくぶんかの聴覚の変化が起こります。

加齢とともに、高音がより聞き取りにくくなります。この変化は加齢性難聴(老人性難

聴)と考えられます。例えば、バイオリンの音の明るい響きがくぐもって聞こえるよう

になります。

知っていますか?

会話の理解に支障がある高齢者には、大きな声で話すより子音をはっきりと話す方が役

立ちます。

高齢者では、特に高音の聞き取りが困難です。

送信の プッシュボタン 確認送信の プッシュボタン 確認

老人性難聴になって最ももどかしく感じられるのは、言葉を理解しにくくなることです

。結果的に高齢者には、他者の言葉がもごもごと口ごもっているように思えます。より

大きな声で話した場合でも、高齢者は相手の言葉をなかなか理解できません。その理由

は、ほとんどの子音(k、t、s、p、chなどの音)は高音であり、子音が言葉を識別する

のを助ける音であるためです。母音は音が低いため、聞き取るのが容易です。したがっ

て、高齢者には「Tell me exactly what you want to keep(取っておきたいものを正確

に教えてください)」が、「Ell me exaly wha you wan oo ee」などと聞こえることが

あります。高齢者の聞き取りを助けるためには、周囲の人は単に大きな声で話すより、

子音をはっきりと発音する必要があります。またほとんどの場合、女性や子どもの声の

方が高いため、男性の話を理解するよりも女性や子どもの話を理解することの方が難し

くなります。徐々に低音の聞き取りも難しくなります。

騒々しい場所または大勢がいるところでは周囲の雑音が多いため、多くの高齢者は聞き

取りに支障をきたします。さらに、音声の聞き取りを妨げる耳あかがたまりやすくなり

ます。

耳の中から太い毛が生え出ることがあります。

口と鼻

概して人は50代になると、味覚や嗅覚が徐々に衰え始めます。どちらも、食べものの風

味を十分楽しむのに必要な感覚です。舌は5種類の基本の味、すなわち甘味、酸味、苦味

、塩味、うまみしか識別できません(うまみは比較的新しく認められた味で、一般にmea

ty[肉のような味]またはsavory[食欲をそそる味]と表現されます)。より微妙で複

雑な風味(ラズベリーなど)を区別するには嗅覚が必要です。

年齢とともに、舌にある味蕾の感受性が鈍くなります。この変化は苦味や酸味よりも甘

味と塩味に影響を及ぼします。鼻粘膜が薄くなって乾き、鼻の神経終末が変性するため

、嗅覚が減退します。しかし、変化はわずかで、通常は微妙な匂いにのみ影響を及ぼし

ます。これらの変化により、多くの食べものが苦く感じられる傾向があり、匂いの少な

い食べものでは味が薄く感じることもあります。

産生される唾液の減少が一因となって、口腔乾燥(口の中の乾燥)をよく感じるように

なります。口腔乾燥はさらに味覚を衰えさせます。

年齢とともに、歯肉がわずかに退縮します。その結果、歯の下部が食物片や細菌にさら

されます。また、歯のエナメル質がすり減る傾向にあります。これらの変化と口腔乾燥

により、う蝕になりやすく、歯が失われやすくなります。

加齢に伴い、鼻は長く大きくなり、先が垂れ下がる傾向があります。

鼻腔、上唇、あごに太い毛が生えることがあります。

皮膚

皮膚は薄くなり、弾力を失い、乾燥し、細かいしわがよります。しかし、しわや肌荒れ

、しみには、長年にわたり日光にさらされてきたことが大きく関与しています。日光に

さらされないようにしてきた人は、多くの場合、同年代の人より若くみえます。

高齢者の体では、コラーゲン(皮膚を強くする丈夫な繊維状の組織)とエラスチン(皮

膚に弾力性を与える)の生成が減少することが一因となって、皮膚が変化します。その

結果、皮膚が裂けやすくなります。

また、皮下脂肪の層が薄くなります。この層は皮膚のクッションとして働き、皮膚を保

護し、支える助けになります。また、皮下脂肪には体の熱を逃がさないという働きもあ

ります。この層が薄くなると、しわができやすくなり、寒さに弱くなります。

皮膚に分布する神経終末の数が減ります。その結果、痛み、温度、圧力に対する感受性

が鈍くなり、けがをしやすくなります。

汗腺や血管の数が少なくなり、皮膚の深層部の血流が減少します。その結果、体の内側

から表面まで血管を通して熱が移動しにくくなります。体内から逃げる熱が少なくなる

ため、体が冷えにくくなります。したがって、熱中症など高温に伴う病気のリスクが増

加します。また、血流が減少すると、皮膚の治癒が遅れる傾向があります。

色素産生細胞(メラノサイト)の数が減少します。その結果、日光などの紫外線(UV)

から皮膚を護る効果が小さくなります。日光にさらされてきた皮膚に大きくて茶色い斑

点(しみ)が現れますが、これはおそらく老廃物を取り除く皮膚の能力が衰えたためで

す。

日光を浴びたときにビタミンDを形成する皮膚の能力が低くなります。したがって、ビタ

ミンD欠乏症のリスクが増加します。

脳と神経系

一般的に脳の神経細胞の数が減少します。しかし、脳は以下のようにしてこの減少を部

分的に補うことができます。

細胞が失われると、残っている神経細胞間に新しい結合がつくられます。

脳のいくつかの領域では、高齢期でも新しい神経細胞がつくられることがあります。

脳にはほとんどの活動に必要な数を超える細胞があります(余剰性と呼ばれる特性)。

脳内で、メッセージを送るのに関与する化学物質の量が変化します。ほとんどは減少し

ますが、増加するものもあります。神経細胞はメッセージを受け取る受容体の一部を失

います。脳への血流が減少します。これらの加齢に伴う変化により、脳の機能がわずか

に低下します。高齢者は反応や作業がいくらか遅くなることがありますが、時間があれ

ば正確に行うことができます。語彙、短期記憶、新しいことを覚える能力、言葉を思い

出す能力など、一部の精神機能が70歳以降わずかに低下します。

60歳を過ぎる頃から、脊髄の細胞数が減り始めます。通常、この変化は力または感覚に

は影響を及ぼしません。

知っていますか?

脳には、加齢に伴う神経細胞の減少を補う手段があります。

送信の プッシュボタン 確認送信の プッシュボタン 確認

年齢を重ねるにつれて、神経が信号を伝える速度も落ちていきます。この変化は小さい

ため、通常、人はこれに気づきません。また、神経の自己修復が遅く不完全になります

。したがって、神経損傷のある高齢者では、感覚や力が低下します。

心臓と血管

心臓と血管が硬くなります。心臓に血液が送り込まれる速さが遅くなります。動脈が硬

くなり、多くの血液が送り出されたときに拡張しにくくなります。したがって、血圧が

上昇する傾向があります。

このような変化はありますが、健常な高齢者の心機能は良好です。若い人と高齢者の心

臓の差が明らかになるのは、心臓が激しく働き、多くの血液を送り出さなければならな

い場合、例えば運動時または病気のときだけです。高齢者の心臓は若い人のように速く

打ったり、または多くの血液を速く送り出したりすることはできません。そのため、高

齢の運動選手は若い選手と同じようには運動ができません。しかし、定期的な有酸素運

動によって、高齢者の運動能力は向上します。

呼吸筋と肺

横隔膜など呼吸に用いる筋肉が弱くなる傾向にあります。空気の袋(肺胞)の数と肺毛

細血管が減少します。したがって、吸い込んだ空気から取り込まれる酸素がやや減少し

ます。肺の弾力性が低下します。喫煙しない人または肺疾患のない人では、これらの変

化が日常生活に影響を及ぼすことはありませんが、運動が困難になる可能性があります

。酸素が薄い高地での呼吸も困難になります。

微生物を含む異物を気道から取り除く細胞の能力が低下し、それが一因となって、感染

に対する肺の抵抗力が低下します。せきも肺をきれいにする助けになりますが、これも

弱くなりがちです。

消化器系

体の大部分と比較して、消化器系は全体的に加齢の影響を受けません。食道の筋肉の収

縮力は弱くなりますが、食道を通過する食べものの動きは影響を受けません。食べもの

が胃から出ていく速度はわずかに遅くなり、胃の弾力性が弱くなるため多くの食べもの

が入らなくなります。これらの変化はわずかであるため、ほとんどの人はそれに気づき

ません。

ある種の変化は、一部の人に問題を起こします。消化管で、ミルクの消化に必要な酵素

であるラクターゼ(乳糖分解酵素)の生成量が減少します。その結果、高齢者は乳製品

の不耐症(乳糖不耐症)を発症しやすくなります。乳糖不耐症の人は、乳製品を摂取し

た後に、膨満感、ガスまたは下痢が生じることがあります。

便が大腸を通過する速度がわずかに遅くなります。これにより、人によっては便秘にな

ります。

肝細胞の減少により、肝臓が小さくなる傾向があります。通過する血流が減少し、薬や

他の物質の代謝を助ける肝酵素の働きが弱くなります。その結果、薬や他の物質を体外

に排出するのを助ける肝臓の能力がやや低下します。薬の影響(意図した効果と意図し

ない作用の両方)が長く続くようになります。

腎臓と尿路

細胞数の減少により、腎臓は小さくなる傾向があります。腎臓の血流が少なくなり、30

歳前後から血液ろ過率の低下が始まります。年が経つにつれ、血中の老廃物の除去能力

が低下します。水分が過剰に排出されるのに対し塩分の排出はわずかで、脱水になりや

すくなります。しかし、たいていは体が必要とする十分な機能を維持しています。

ある種の尿路の変化により、排尿調節が困難になる場合があります。

膀胱が貯めておける尿の最大容量が減少します。したがって、高齢者は頻繁な排尿が必

要になります。

排尿の必要性の有無にかかわらず、膀胱の筋肉が予期せず収縮することがあります(過

活動膀胱)。

膀胱の筋肉が弱くなります。その結果、膀胱を完全に空にすることができず、排尿後も

尿が膀胱に残ります。

排尿を調節する筋肉(尿道括約筋)がしっかりと閉じなくなり、尿漏れを防げなくなり

ます。したがって、高齢者は排尿を我慢できなくなります。

これらの変化が、年齢とともに尿失禁(排尿をコントロールできない状態)が多くなる

一因になります。

女性では、尿道(排尿時に尿が通る管)が短くなり、その内層が薄くなります。閉経に

伴って生じるエストロゲンの減少が、尿路のこれらの変化に関与している可能性があり

ます。

男性では、前立腺が大きくなる傾向があります。多くの男性で、肥大した前立腺により

、尿の通過を妨げられ膀胱を完全に空にすることができなくなります。その結果、高齢

男性では尿の勢いが弱まり、排尿までに時間がかかり、排尿終了時に尿がポタポタと滴

り、頻尿になります。また、膀胱が満杯になっていても排尿できなくなる(尿閉と呼ば

れます)こともよく起こります。この病気は、直ちに治療が必要です。

生殖器

女性

性ホルモン濃度に対する加齢の影響は、男性より女性の方が明らかです。女性にみられ

るこうした影響のほとんどは、閉経と関連しています。閉経すると、女性ホルモン(特

エストロゲン)が劇的に減少し、月経が永久になくなり、妊娠ができなくなります。

女性ホルモン濃度の低下により卵巣と子宮が小さくなります。腟の組織が薄くなって乾

燥し、弾力を失っていきます(萎縮性腟炎と呼ばれる状態)。このような変化がひどい

場合は、かゆみ、出血、性交痛、強い尿意(尿意切迫)が生じることがあります。

乳房は張りを失い、線維化が進み、垂れ下がりがちです。この変化によって、乳房のし

こりを発見するのが困難になります。

知っていますか?

加齢により乳房が変化するため、がんを示唆するしこりの発見が困難になります。

送信の プッシュボタン 確認送信の プッシュボタン 確認

閉経時に始まるいくつかの変化(性ホルモンの減少、腟の乾燥など)が性行為を妨げま

す。しかし、ほとんどの女性にとって、加齢は性行為の楽しみを大きく損なうものでは

ありません。妊娠を心配する必要がなくなるため、性行為が充実し、その楽しみが高ま

ることがあります。

男性

男性では、性ホルモン量の変化はそれほど突然ではありません。男性ホルモン(テスト

ステロン)の量が減少する結果、精子が減少して性欲(リビドー)が減退しますが、減

少の速度は緩やかです。陰茎への血流が減少する傾向がありますが、ほとんどの男性は

一生、勃起とオルガスムが起こります。しかし、勃起は長続きせず、あまり硬化せず、

または持続させるにはさらなる刺激が必要です。次の勃起までに時間を要すようになり

ます。加齢とともに勃起障害(インポテンス)が多くなりますが、病気に起因すること

が多く、通常は血管が侵される病気(血管疾患など)または糖尿病が原因です。

      

「急にガタがきた」体で密かに起きている大変化 -

http://toyokeizai.net/articles/-/301821

痔は生活習慣病。

   ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのみこばあちゃんです。

おはようございます。

 朝の空気はとってもすがすがしく気持ち良い…

 千葉県を襲った台風15号の爪痕はいまだに恐怖の中。

 屋根が壊れ、ブルーシートを工務店

やっとおそってもらっても

さらなる豪雨が房総半島を

襲い、やっと着いた電灯の下で、雨漏りに見舞われ

肩を落とす住民、ブルーシートを張るため、2階に上がった家族が、屋根板が抜け、腰部の骨折など

恐怖が、さらにと房総半島に悲しみの連鎖は続く。

 本当に言葉詰まる思いです。

高齢になると、再建のめどさえ立たず

ただただ呆然とするしかない実態。

 痔病は3人に一人はなるといったポピュラーな疾病です。

 病ダレにお寺と書いて痔という。

昔は、お寺に行くまで治らないとされた病であったのかもしれませんが

 医学の進歩と、早期発見で、手術の可能性も少なく

早期発見で投薬と、日常生活の改善で

良好に向かうケースが大半のように言われています。

 痔になりやすい人に、便秘遂下痢、長時間トイレがかかる

デスクワーク、それに重いものを下げる人が、痔にかかりやすい

要因とされています。

 生活習慣病に挙げられていることもあり

規則正しい生活習慣は努力目標でもあります。

朝食を食べることで胃腸の活動が活発になるので朝食は大切。

 便秘は切れ痔といぼ痔に多く、痔ろうは下痢が原因です。

痔ろうは、死亡と、香辛料は避けたいものです。

 ひそかに、じ)の悩みを抱える人は少なくない。日本人の3人に1人は痔になった経験

があるという試算もあり、実はごく一般的な不調である。痔にならないための生活習慣

のポイントを専門家に聞いた。

■男女の差なく発症

痔は男性の病気と思っている人が多いかもしれない。しかし、実際には男女差はほとん

どなく、幅広い年齢層で発症する。

マリーゴールドクリニック(東京都港区)の山口トキコ院長は「昔は女性が受診しにく

い印象があり、女性が少ないと思われていたが、最近では女性も気軽に受診できるよう

になってきた」と言う。実際、同院では患者の8割は女性で、その7割が20~40歳代だと

いう。

そもそも痔とは、肛門にかかる様々な負担が原因で肛門の内側、外側にある「クッショ

ン」の部分が大きくなってしまったり、肛門の外に出るようになったりする病気のこと

だ。

主に3つの種類がある。1つ目はいわゆる「いぼ痔」で「痔核」といわれ、痔の5~6割を

占める。2つ目が「切れ痔」ともいわれる「裂肛(こう)」で女性に多い。3つ目がお尻

に膿(うみ)のトンネルができる「痔ろう」。男性がなりやすい。

予防や悪化を防ぐには、肛門にかかる負担を軽減する必要がある。「最大の負担原因が

便秘や下痢などの排便異常だ」と岩垂純一診療所(東京都中央区)の岩垂純一所長は指

摘する。

便秘になると長時間、くり返しトイレでいきむため肛門に強い圧力がかかり、クッショ

ン部分がうっ血しやすい。またクッションを支える組織が緩んで大きくなり肛門の外に

出る脱出を起こす。さらに、硬い便は肛門を傷つけて裂肛を起こす原因にもなる。下痢

の場合には便が勢いよく肛門を通過したり、何度もトイレでいきんだりするのが負担と

なる。

■しっかり朝食とり、胃腸の働き活発に

排便異常を防ぐには、生活習慣の見直しが不可欠だ。まず便秘予防には、しっかり朝食

をとり胃腸の働きを活発にして「起きたら出す」習慣を身につける。加えて「便意を感

じたらすぐに排便することも大切。せっかくの便意を逃すことこそが便秘につながる。

「特に女性は家族の世話や仕事で、行きたいときに行けないことが少なくない。朝に時

間の余裕を作ってほしい」と山口院長。

無理なダイエットによる食事量の少なさや、水分の摂取不足も便秘を招くもと。暑さで

水分が奪われるこれからの時期は十分に水分をとりたい。一方、アルコールの多飲は下

痢につながるので控えたい。

もう一つのポイントが、トイレでの過ごし方。「痔の手術が必要だった人の排便時間は2

0分以上が多かったが、手術までは必要なかった人は5分以内だった。いきむ時間や回数

が多いほど肛門に負担がかかる。排便時間は3分以内にし、無理に出し切ろうとしないこ

とが大切だ」と岩垂所長はアドバイスする。

食物繊維の多い食品をしっかり摂ること。食物繊維は、腸内で水分を吸収して膨らむの

で、便のかさを増やして適度に軟らかくしてくれます。野菜やいも類、豆類、海藻、き

のこ類、ドライフルーツ、こんにゃくなどが食物繊維の多い食品です。

朝食をきちんと食べる

朝、起きて空の胃の中に食べ物が入ると、腸が活発に動き出し、便意が起こりやすくな

ります。起床直後に、冷たい水や牛乳をコップ 1杯飲むのも腸への刺激となります。

アルコールや香辛料は避ける

症状のあるときは、アルコールや香辛料は避けましょう。アルコールや刺激物は肛門を

刺激してうっ血の原因となったり、症状を悪化させてしまいます。

乳酸菌を摂る

整腸作用のある乳酸菌や乳糖、オリゴ糖を積極的に。ヨーグルトや乳酸飲料に多く含ま

れています。

 手術が行われるケースは、痔核で20%、裂肛で10%程度です(痔ろうは

手術しか方法がありません)。

 痔の手術は痛いと思われるかもしれません。しかし、手術法の進歩により痛みは軽減

されてきています。入院は3日~1週間程度で、通院は肛門の傷が治まるまで2週間に1回

ぐらいの割合というのが、通常のケースです。

 痔だけではなく、大腸がんや大腸ポリープなどでも肛門からの出血は起こります。排

便のときに出血や痛みを感じるなど、気になる症状があるときは、早期に受診すること

をお勧めします。

痔の患者さんの日常生活の注意点

 痔を悪化させない、あるいは予防するには、肛門に負担をかけないこと、便秘・下痢

にならないようにすること。そのためには、生活習慣の改善が大切です。

痔で悩まないための生活習慣改善5つのポイント

①排便のリズムを作り、下痢・便秘にならない

ようにする

②排便の際、いきまない

③ストレスの軽減

④食物繊維を多く摂る

腹筋を鍛えるため、適度な運動を

 世界を 襲い続ける温暖化の危機!

   ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのみこばあちゃんです。

 暑さ寒さも彼岸までともいわれていますが蒸し暑い

残暑は、相川ざるの安眠妨害の連日。

 そのような中においても秋の七草はしっかり登場…

 みこちゃんが大好き亡きふね菊、山ホトトギス、コスモスまでも風に揺れ

秋風に揺れ、たわわに実った稲穂も重く

すっかりこうべをたれ、収穫のマジかいことを知らせています。

子の稲穂をめがけて群ナス雀たちを

案山子のおまわりさんがしっかり守っています。「苦笑」

 ナスもピーマンも水分不足、果物も小ぶりなものが多いいよう…

 千葉における世帯の一軒が、停電が回避されたことで、ブレイカーをonにしたことで

漏電が発症し、火事が起きた不条理に見舞われております。

 ブレイカーよりも、宮殿中の家電に注意してほしいものです。

 日本列島は、震災を境に、各地のどこかで

自然災害に見舞われ悲しい命が、そこここで失われている

異常気象の危機にいつも襲われている危うさの中での生活。

本気度を出して、温暖化対策に取り組まなければ

私たちの暮らしは脅かされ続けなければなりません。

 やがて40度越えの日だって来ないわけではありません。

豊かさを象徴しているかのように捨てられるごみはたくさんあることにも

驚かされているごみステーションからのつぶやき…。

やはり努力できる温暖化対策は

努力目標として掲げたい、自然災害からの警告。

猛暑、温暖化なければ起きなかった 世界の損失25兆円 (9/15)

 異常気象が日常になりつつある。洪水、台風、熱波――。その影響が人々の暮らしを脅かす。人間が引き起こした「気候危機」を回避するために何をすべきか、問われている。

特集:気候危機、今こそ行動を

 米海洋大気局(NOAA)は、今年7月は世界の平均気温が観測史上最も暑い月だったと発表した。6月に続く更新だった。2014~18年の世界の年間平均気温は、高い方から1~5位を占めている。

 相次ぐ異常気象は、温暖化なしには起こりえない。そんな科学的な研究結果が相次いで発表されている。

 欧州の研究機関は、西ヨーロッパ各地で40度を超えた7月の熱波について、温暖化がどの程度影響したか、スーパーコンピューターを使った最新の確率的な手法を用いて調べた。

 フランスやオランダでは、現在の気候でも50~150年に1度、熱波が起こるが、温暖化がないと千年に1度以下しか起こらず、ほぼあり得ないという結果になった。英国やドイツでは、10~30年に1度起きているのが、数十年から300年に1度になるという。

 日本でも気象庁気象研究所などが同様の手法を用い、昨夏の記録的な猛暑は、温暖化がないと起こる可能性はほぼゼロだと推定した。また、同研究所の川瀬宏明主任研究官らが、記録的な降雨だった昨年の西日本豪雨について計算したところ、温暖化がないと、降水量が実際より約7%少なかった可能性があった。

 米保険会社エーオンによると、昨年の自然災害による世界の経済損失は、2250億ドル(約25兆円)に上った。被害額では、関西空港が浸水した9月の台風21号が4位、250人以上が亡くなった西日本豪雨が5位だった。国内の損害保険会社による18年度の自然災害の保険金支払額は1・6兆円で過去最高となった。

 温暖化が進めば、台風はより強大になり、洪水、干ばつ、高潮などのリスクも一層高まると考えられている。温暖化対策の科学的根拠である、国連の気候変動に関する政府間パネルIPCC)は、2013~14年に発表した報告書で、今世紀末には熱波の頻度が増し、より長く続く可能性が非常に高い(確率90%以上)、中緯度の大陸などでは極端な降水がより強く、頻繁になる可能性が非常に高い(同)としている。

 気温が1度上昇すると、大気中の水蒸気は約7%増える。東京大学大気海洋研究所の木本昌秀教授は「温暖化で猛暑のリスクが高まり、1度の気温上昇で広域での雨量が約7%増えるのは、はっきりしている。リスクを減らすには、温室効果ガスの人為的な排出をゼロにするために出来ることをすべてやるしかない」と指摘する。(編集委員・石井徹)

  わが心のエッセンス。

「ごーるはとおいいなー」とがっかりするのも道のりです。

▼前向きに、もがき苦しむ経験は、すぐに結果に結びつかくても、必ず自分の生きる力になっていく

 郵貯職員、投信までも不正

     ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのみこばあちゃんです。

 信也のお月さまも真ん丸!

 深夜にごいさぎが[ギャーギャー]と低空飛行されるとなんだかびっくり仰天!

月夜の夜空はそれだけで奇妙な切なさが募るひと時でもあります。

いちはやく秋だと気づき手術台のような坂道ひとりでくだる

十五夜は 見え隠れする わが影絵

 またもや、郵政職員の不正行為が発覚された。

 民営化の前の郵貯といえば、貯金は国債利子で運用されていたのが

民営化となり、投資信託の運用が次第に増えていくにつれ

投信の中身の把握もないままに、顧客に勧める投資信託

まるで顧客利益より、わが成績が前面に

「ハイリスク、ハイリターンの説明もない中で、契約を取り

損失が出れば、、適当なもっともらしい理由から

乗り換えを勧め、その手数料に終始するといった

我が身可愛さによるノルマ達成が職員として、パターン化されていた。

まさに投資信託の素人に利益を展開するのだから

良い結果など期待できようはずがない。

ていの良い詐欺集団そのもの

 何にも知らない虎の子を直撃し破綻に導くなんて許せません。

私も破綻者の一人です。

1か月の断食によりエンディングが迎えたならと

厳しい覚悟のlifeスタンスに切り替えています。

郵貯は、運用成績の良い、宅配業務に      重 置くべきだ。

投資信託のプロでもない環境はむぼうとしかいいようがない!を

 郵貯の職員は、顧客の預貯金把握もきちんとできているのだからまたかともいえる内

容にがくぜんとされるほかない!

かんぽ生命保険の不適切販売、ついに、というか、やっと、そう、やっと、「明るみに

出た」。

具体的な日付は思い出せないのだが、東日本大震災前だったのは確かなので、かれこれ1

0年近く前、日本郵便主催の講演会に呼ばれたことがあった。

私はその日もいつものように控室で、講演会の担当者から職場の状況を探っていた。探

るとは、いささか悪い事をやっているみたいだが、私にとってこの時間は現場の生の声

が聞ける貴重な機会だ。

最初は表層的な会話でも、あれこれ他の企業が抱えている問題などを話すと本音をもら

す。“偉い人”がいるときには決して公言できない現場の問題を教えてくれるのである

そういった状況を踏まえて講演会を行うと、会場にいる人たちの“熱”が高まり、質疑

応答も活発になる。言葉が届きやすくなるというか、おそらく「自分たちの問題」とし

て受け止めてくれるのだろう。

で、そのとき。つまり10年近く前の講演会の控室で耳にしたのは「パワハラが多い」と

いうことだった。民営化でそれまで1つだった会社が3つに分割され、人間関係が悪化。

さらに過剰なノルマが課せられ、うつになる社員が増えていると嘆いていたのである。

その後も何回か日本郵政グループや組合の主催の講演会に呼んでいただいたが、聞こえ

てくるのはパワハラ問題ばかりで。「恫喝(どうかつ)研修」や「懲罰研修」という言

葉も何度か聞いた。

「特に保険の人たちは本当に大変なんです」という人が多く、そのうち数名の方はイン

タビューにも協力してくださった。「以前に比べると良くなった」という声もあったが

、そういった現場でも「保険は大変」という話は尽きなかったのである。

であるからして、今回の問題は起こるべくして起きたもので、組織構造そのものに病巣

があり、現場ではなく組織を腐敗させた経営側の問題であると私は考えている。

事実の公表が遅れ対応も後手後手に

ところが、10日にかんぽ生命の植平光彦社長と、販売委託先の日本郵便の横山邦男社長

が行った2時間超の記者会見は「保身」に満ちたもので、記者からの質問に答える表情に

は「おまえら何言ってんだよ」といった“圧”が垣間見えた。なるほど、不誠実、傲慢

、という言葉はこういうときに使うものなのだな、きっと。

と、冒頭から一気に怒りを爆発させてしまったが、記者会見での具体的な「がっかり発

言」を紹介する前に、ここまでの経緯を振り返っておく。

そもそもの始まりは、6月14日。ゆうちょ銀行の「多数の店舗・社員において、投信の販

売時に社内ルール等に即しない取り扱いや営業行為が認められた」というメッセージを

、6月上旬に池田憲人社長が社員に送り、2018年度の社内表彰式を中止したと報じたこと

だった(「ゆうちょ銀行、高齢者向け投信で不適切販売」)。

その第一報から10日経った6月24日。

かんぽ生命は、2018年11月分の契約を調査した結果、同時期の約2万1000件の契約乗り換

えのうち、約5800件で契約者の負担が増えていたと公表するが、「不適切な営業とは認

識していない」と説明。さらにその3日後の27日には、24日の公表後に顧客から苦情が殺

到し、過去5年分の契約を調査したところ、不利益を受けた事例が約2万4000件にのぼっ

ていると発表した。

と、既にこの時点で後手後手なのだが、西日本新聞のスクープで問題はさらに拡大する

投信不適切販売に850人関与 ゆうちょ銀や郵便局

https://www.asahi.com/articles/ASM9F6X38M9FULFA00L.html