読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お一人暮らし老人、一億五百万円騙される。

    ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのミコばあちゃんです。

 驚くことさえはばかられる、多額現金奪い去られたニュース。

当事者はまだパートとしてお勤めとか。

おかしいと思ったときにはすでに空っぽ状態。

 ミコばあちゃんにはとても笑えない問題なんです。

このような事件に直面すると、平素感覚などなくしてしまうのも確かです。

近頃では、訪問による詐欺などもあるので気を付けたいとは思います。 

社会問題として、地域などにおいてもお話ししたりお声がけの習慣

等ができると、地域に話せるとまた打開策も新たな展開が期待出来たりもするのでしょうか。

 一人でうつうつと考えてもよい結果にはなりません。

軽擦ばかりでなく、ほかに相談できる公的機関も

消費生活センター以外にもあるのではないのでしょうか。

集団で親切によそわれたりすると、ご用心ですよね。

    朝日コムより。

一人暮らしの80代女性、1億円だまし取られる 広島

広島県警は22日、同県呉市で一人暮らしをしている80代のパート従業員の女性が約1億50

0万円をだまし取られたと発表した。

呉署によると、2015年12月、男から「東北大震災の被災者の支援者として登録されている

」との電話がかかり、登録番号を告げられた。その後、「登録番号を譲ってほしい」と電話を

かけてきた別の男に女性が番号を教えると、最初の男らが女性に「番号を教えたのは違法行為

。3千万円を払えば逮捕されない」と電話で指示。女性は16年2月までに7回、九州や四国

の個人宅に計約1億500万円を送ったという。

女性は今年2月以降に返金すると言われたが連絡はなく、呉市消費生活センターに相談したとい

う。