新薬の承認は丁寧に。

  ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのみこばあちゃんです。

おはようございます。

どくだみの花は、そこを通るだけでなんともやりきれないほどの香りがそこここに

でも日差しがないところでも、その主張いっぱいに咲き誇ってもいます。

まさに置かれた場所でサキナ祭ですね。

これを薬草としてお茶にして飲まれる人もあるという。

わが幼馴染は50歳ころより、アルツハイマーにかかり、55歳には施設入所しています。

アナウンサーとして飛び回るほどの忙しさの中

アルツハイマーとはなぜかしらと小首をかしげたものです。

お高い薬を 飲み続けていますがその効果のほどは

まったくと言って確認できませんでした。

認知症の薬の意味を問い続ける人は関係者であれば

一般化された認識かもしれませんけど…

今回の新薬は?エーザイとバイオジェンが共同開発したアデュカヌマブは、脳内アミロ

イドベータを標的にし、減らす薬です。エーザイは、「アルツハイマー認知症の病理

に作用する初めてかつ唯一の治療薬です。これまでの薬は、あくまで、症状を一時的に

軽くするものでしたが、アデュカヌマブは、原因物質に直接働きかけて、症状の悪化を

長期的に抑える」と説明しています。アメリカのFDAは、こうした薬の承認は世界初だと

しています。安全性や有効性を調べる臨床試験は、脳内にアミロイドベータの蓄積が確

認されたアルツハイマーの初期段階(軽い認知障害や軽度認知症)の人を対象に行われ

、アデュカヌマブを投与した人は、脳内のアミロイドベータが減ったということです。

エーザイは、この薬の対象は初期症状の人で、薬の投与が早ければ早いほど効果がある

と話しています。■課題は??日本では?FDAは、追加の臨床試験で、実際に、認知機能

が改善されることを示すよう求めていて、それが確認できなければ承認を取り消す可能

性もあるとしています。また、この新薬は価格が高く、あくまでもアメリカの場合です

が、1年分で、日本円にし

ておよそ610万円です。この新薬は日本でも去年12月に承認申請が出されていて、審査中

です。

 今日のスタートメニュー。

梅ご飯、たまねぎとふの味噌汁

鶏むね肉のトマト煮 きゅうりとわかめの酢の物。

みかんの缶詰ヨーグルト、ばなな

この暑さ、少しでも穏やかでありますように…