読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イスラエル人「戦争は、仕方なかった。」と語る。

     ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのミコばあちゃんです。

 ユダヤ人であるイスラエルのお方が戦争は「仕方ない」と訴えておられる。

そしてみずからもせんちでたたかってこられたという・・・。

かつては母国において父も戦い、学校の黄帝にも戦闘機が置かれていた環境。

今なお続く中東戦争

 戦地の真っただ中で生まれ育つと「戦争は当たり前」との概念しか育たないのでしょうか。。

戦地において多くの命が目の前で奪われるさまが

このような気持ちにまでひへいしきるのであろうか?

 でもイスラエルの住民すべて、このようなかんがえとはおもえないが・・・。

にほんじんとかていをもたれ、家具職人として生計を立て30年余り

日本で平和な暮らしをしてきたお方のお言葉とは思えないが

「戦争は仕方なかった」と言わしめるその根拠など知りたいものです。

 やはりどのようなことがあっても戦争だけはしてはならない。

戦争・原発「仕方ない」を問う ユダヤ人男性が講演

http://www.asahi.com/articles/ASK5J5GN0K5JPTIL01R.html