読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

障害によるパワハラ受け訴訟。。

     ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのミコばあちゃんです。

 上司からパワハラ受け訴訟されていたお方が

70万の和解に打開されたとのことです。

この金額では弁護士さんの報酬が在るか無いかですよね。

 このお方はお勤め途上、気を失い心臓疾患により一年の

休職ののち心臓の疾病により、障害等級4球を受け取られ復帰はされたものの

「お前は障碍者だから給料は上げなくても、使ってもらえるだけで

ありがたく思え」と言われ、その後においては退職を求められたとのことでした。

 ミコばあちゃんは思います。

上士のようなお方は山トおられます。

言われたことは確かにパワハラであると思います。

障碍者にどれほどの理解あるお方が、ごぞんめいでしょうか?

 51歳であればこれから働かないと老後の問題もあります。

障碍者4球といえばそれは軽度です。

 社会の中でパーフェクトに理解いただけるなんてあまり思わないようにしております。

 ミコばあちゃんは屈することなく堂々と生きたいと思います。

でもトラブルは嫌いです。

世の中において、日々生活させていただいていること、それだけで

最敬礼の毎日でもあるのです。

 思い一つでいかようにもいきれます。

また、ご親切なお人に出会うととても

身も心も和む

ことは確かです。

一歩前に進むことすら、どれほど大変かしれないのです。

 気持ちだけでも前を向いていきたいと思っています。

ご理解いただけますお方には最敬礼です。

それがライフスタンスです。

気持ちが脱帽であったなら生きることすら大変です。

強い気持ちで前を向いていたいです。

世の中の皆さまには、耐え難いご苦労かとは存じますが

今しばらくこの世に存在することをお許しくださいませ。

 いろんな病気も突然襲われ、誰もが障碍者になる確率はあると思います。

 人間以下ではないのかとの発言と手、日常茶飯事です。

でもこれに悲しむことなどはありません。

屈服しているわけでもありません。

 私をご覧になって、あれよりましだからと奮起くださればそれは私の

立派な役割かと存じます。

自分に与えられた、今日という日を大切にだけはありたく思っています。

普通に生活することすら大変な世の中

それにプラス障害を抱え込んで生きるのですからそれは平たんな道ではありません。

これも私にいただいた人生です。

苦難坂であるからこそのわずかな渇きにも敏感であり

感激もひとしおです。

   朝日コムより。

パワハラ訴えた元社員とALSOK和解 70万円支払い

http://www.asahi.com/articles/ASK515Q0QK51PTIL01Z.html