読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融機関の動向にちぇっく・・・。

     ご機嫌いかがでしょうか。

視界ゼロのミコばあちゃんです。

 金融機関が、個人向けにカード、賃貸マンションのッ資金融資に

 歯止めもなくろーんを提供している傾向とか??

ミコばあちゃんの地域においても、最近賃貸マンションとお蕎麦屋さんとが建てられ

「住む人はいるのかいなー、」といった言葉が

建設途上からささやかれておりました。

それもそのはず、限界集落でもあるからです。

今は建設一年になりますが空きマンションさながらでお蕎麦屋さんも開店一か月もしないうちに

、来客数もあまり見受けられない状況である。

このような条件の悪いところに金融は

融資したのであろうかと疑問にも思う。

当地は財布のひもが固いのでも有名でもあり

食べ物屋ができてはいつの間にか消えているのが実態でもあります。

 個人向けもさることながら、金融機関はこの限り内ゼロ金利政策の中

企業誘致の掘り起こしに骨身を惜しむことなく長椅子パーンで

企業の活性化に努めていただきたく思います。

個人向けのカードローンだって、返済無能者にやたら融資していたのでは働かない若者に対する

社会現象にも陥ったりするのではなかろうかと案じられるのは

みこばあちゃんの取り越し苦労であろうか・・・。

    読売よりの記事。

個人向けローン 銀行の安易な姿勢はツケ残す

貸しやすい顧客ばかりを相手に安易な利ざや稼ぎに走っていないか。

急増する銀行のアパートローンとカードローンについて、金融庁が実態調査に乗り出した。

銀行には、高収益が期待できる個人向けローンを積極的に増やすことで、マイナス金利政策によ

る収益減を補う目的があろう。

だが、目先の利益を優先した過剰な融資は、新たな貸し倒れリスクを抱え込むことにつながる。

審査体制や営業手法などが顧客本位で行われているか、金融庁には十分なチェックを求めたい。

アパートローンは、投資用の賃貸住宅を建てる人向けの融資だ。2016年の実績は4兆円に迫

り、前年より2割以上増えた。

16年の貸家着工件数が8年ぶりの高水準に達したことも、融資の急増ぶりを裏付ける。

きっかけは、15年に相続税の課税対象が拡大したことだ。更地のままより住宅を建てた方が税

金が少なくなる。建設資金を銀行から借りると、納税額は一層減る。

問題は、銀行と不動産業者らがアパート経営の節税効果や資産運用益ばかりを強調して、将来の

リスクを十分説明しないケースが指摘されていることである。

アパートローンは、借り主が得る家賃収入で返済する仕組みだ。部屋の借り手が確保できればい

いが、空室が増えれば、返済が滞る可能性もある。特に、人口減が加速する地方都市を中心に

空室リスクが懸念されている。

日銀は、1月の支店長会議で「魅力の乏しい物件などで、空室率上昇や家賃下落が見られるとの

声がある」と警鐘を鳴らした。

一方、カードローンも、16年末の残高が5・4兆円に達し、この1年間で1割ほど増えている。

消費者金融業者には、利用者の年収の3分の1を超えた貸し出しができない「総量規制」が導入

されている。銀行は対象外だ。

無担保で使い道を問わず、申し込み当日に融資を受けられる手軽さを盛んにPRしている。

消費者金融には抵抗感がある消費者も、銀行から借りるなら安心との心理が働くとされる。

だが、一部には返済能力を大幅に超える金額を融資する事例が報告されている。カードローンの

金利は割高だ。行き過ぎた融資が広がれば、多重債務者の増大など社会問題化しかねない。

銀行に求められるのは、将来性のある企業の資金需要を地道に掘り起こし、日本経済の活性化に

資する融資を行うことだろう。

2017年03月26日 06時02分

Copyright (c) The Yomiuri Shimbun