読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビックカメラ、ビットコインの導入。

     ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのミコばあちゃんです。

 ついにやってきました仮想通過。

あのビックカメラビットコインを取り扱うようです。

これは外人が多くなってきているので

決済に便利との商法のようです。

国が関与してないお金など、信じられないミコばあちゃん。

古い人間なのでしょうね。

ビットコインで何ができるのか

ビットコインでできる事は、通常の通貨と同じです。ビットコインを用いれば、個人間、企業間

を問わず、物やサービスの対価として支払いを実行できます。

つまり、ビットコインは仮想であるというだけで、通常の通貨と同じように使えるお金の一種だ

と言えます。

円やドルのような通貨と違う事としては、ビットコインでの支払いは電子的に行う必要があると

いう事です。現物の紙幣や硬貨がない仮想通貨なので、当然の事です。

ビットコインでは電子的に決済を行うため、インターネット経由で送金することが容易にできま

す。遠く離れた相手にでも、あるいは目の前にいる人にでも、短時間でビットコインを送金で

きるのです。

円やドルとの決定的な違い

円やドルと全く同じような通貨であれば、わざわざ新しい通貨を作る必要性はありません。ビッ

トコインは、他の通貨と比較して何が決定的に違うのでしょうか。

最大の違いは、通貨を管理する「中央銀行」が存在しない、ということです。ビットコイ

     朝日コムより。

ンには、発行を司る組織や流通を管理する組織が存在しないのです。

ビットコイン」決済、身近に ビックカメラで導入へ

仮想通貨「ビットコイン」の利用を広げる動きが出てきた。家電量販大手のビックカメラは5日

、東京都内の一部店舗でビットコインでの支払いができるようになると発表した。今後、他の

小売りや飲食チェーンでも使えるようになる可能性がある。相場変動のリスクはあるが、決済

手段として徐々に身近になってきた。

ビックカメラの有楽町店と新宿東口店で7日から、支払いにビットコインを使えるようになる。

ビットコイン取引所の「ビットフライヤー」のシステムを採用。利用額は1回の支払いで最大

10万円分までで、現金と同率の10%のポイントがつく。国内の小売り大手で初の取り組み

という。

支払いの時に店舗の担当者がタブレット端末に金額を入力し、利用者は画面のQRコードをスマ

ートフォンなどで読み込んで決済する。

導入の背景にあるのが訪日外国人客の急増だ。世界のビットコイン取引の9割は中国人が占める

とされ、中国や欧米ではビットコインを使う人が増えている。ビックカメラでは訪日客が多い

2店舗でまず導入。利用状況をみながら他の店にも広げる。

同社は「現時点で利用が想定できるのは訪日外国人だが、信頼度や安全度への認知が広がれば、

国内のユーザーも増える」(広報)とみる。ビットフライヤーの担当者は「他の小売り大手も

導入に興味を示している」と話す。

リクルートライフスタイルは5…