読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上がるエンゲル係数。

     ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのミコばあちゃんです。

暮らしの指標ともなるエンゲル係数、消費の割合を示す

食費が次第に上昇けいこうとか?

国民の大半が苦しく大変な暮らしぶりかと思います。

 昔に比べ生活スタイルも変化し

主婦が労働することもあり、総菜、すぐ食べれるものが常習化している。

ムカシに比べ、お惣菜こーなーもかくだいしているのではないだろうか?

 命をつなぐ食費が上がるのは当たり前。

歳を重ねると、内々尽くしにわずかな工夫を加える生活が

否応なく求められているのが現状です。

日々はすぐにやってきます。

これをどう過ごすかは本当に大変です。

 ミコばあちゃんも60過ぎぐらいまでは丁寧な食卓に終始していたように思います。

家を改造してからは、何がどう変わったのか省くは省く。

歯止めが利かなく恐ろしくも感じております。

スーパーに行けばすぐに食べれるものが豊富にあります。

でもないのはお金。

それならと言って単品でお総菜など買い込みます。

  でもこれをいただくようになって思うことは、おいしいはずのものまでも

そうなじめないのはなぜなのだろうかと思います。

冷凍食品も、レンジにお任せでOKなのですが

やはりなじみにくいです。

結局は自分のなじみの味で食べるのが一番良いようですね。

ずぼらになれすぎるとそれから抜けるのが大変な努力がいります。

これからは、少しづつ自分好みの食卓にしたいものです。

     朝日記事より。

エンゲル係数、29年ぶり高水準 食文化の変化が影響か

消費支出のうち食費が占める割合を示す「エンゲル係数」が急伸している。総務省の家計調査に

よると、2016年(2人以上世帯)は25・8%と前年から0・8ポイント上昇し、29年

ぶりの高水準になった。かつて学校で、低下することが「豊かさを測る尺度の一つ」と教わっ

た係数がなぜ今、上昇しているのか。

東京都江戸川区のスーパー「いなげや」の総菜売り場で、近所の女性(74)が和洋とりどりの

おかずの品定めをしていた。

「夫の介護で疲れているときはお総菜にしています。手作りするのと半々ぐらい」。女性は要介

護2の夫(73)と二人暮らし。介護費がかさみ、年金だけでは足りず月10万円ほど貯金を

取り崩して生活する。それでも「食費はかかるけど、そうも言っていられない」。

「時間がなくて、ついついお世…