読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トヨタが苺の品質改良技術に成功。

     ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのミコばあちゃんです。

トヨタが此のたび苺の品質改良技術に成功した。

このように農産物の品質改良が容易にできることはとても

生産者にとっては病気の改善にもつながる作物管理ができそれはそれで有効

かもしれないがミコばあちゃんにとっては昔の種がほしいと思っても

それを手に入れることはなかなかの難問でもあります。

 なぜなら昔の野菜には、野菜に香りがありました。

人参、トマト、キュウリなど鼻を近づけても

香りなど感じにくいのです。

特にトマトに関してはとても残念です。

夏を象徴するかのような夏の野菜の代表でもあるトマトは

トマトからかなり

離れていてもあの独特の香りを忘れることはできません。

野菜消費者は、形が良くてきれいでみずみずしいものがお好みなのですよね。

幼いころ、畑でもぎ取ったあのトマトの味と香りは忘れることはありません。

    朝日コムより。

トヨタ、イチゴもカイゼン バイオエタノール技術を応用

トヨタ自動車が、イチゴの品種改良を加速させる技術を開発した。車用のバイオエタノール燃料

をつくるために、原料であるサトウキビの遺伝子を研究しており、この技術を応用。将来は幅

広い農作物の品種改良につなげたい考えだ。

膨大な遺伝子情報を分析する手段の一つとして、特定の遺伝子に「マーカー」と呼ばれる目印を

つける方法がある。

トヨタは、環境への負荷が小さいバイオエタノール燃料を量産しようと、このマーカー技術を、

サトウキビの遺伝子解析で確立。それを、高値で取引され品種改良が活発なイチゴに応用でき

るようにした。

農作物の品種改良では、「病気…