読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

郵便再配達課題対策・・。

     ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのミコばあちゃんです。

  いまさらと言いたくなる再配達問題。

縦割りから、横の広がりの展開はこれからの過大ではなかろうか。

再配達の価格の設定がキーワードではないのでしょうか。

楽天が留守の際のメール連絡は指定できるとしておりますが

これに気配りできるような人は、はじめから留守などしませんし、時間設定を

うまく活用できていると思います。

再配達の無料は再配達の防止にブレーキとなるのは明らかです。

それほど人は自分のことしか頭にないのです。

これからますますネット通販が多くなります。

こころがけたいひとさまへのごめいわく!

    朝日コムより。

留守の時「隣の家に配達を」 再配達減少に、事前指定制

楽天日本郵便は荷物の再配達を減らすため、ネット通販の利用者が留守中に荷物を置いてほし

い場所を指定できるようにする。荷物がむき出しにならないことが条件で、「軒先の洗濯機の

中」や「隣の家」といった指定が可能になる見通し。利用者にとっても、宅配ボックスを設置

する費用を省ける利点がある。

年内にも始める。通販サイトで記入した配達指定場所が送り状の備考欄に印刷され、配達員がそ

れに従う。荷物が隠れる場所であれば柔軟に対応する一方、荷物が盗まれたり、汚れたりした

場合は利用者の自己責任になるよう、楽天が規約などを定める方針だ。

利用者が荷物を待ちやすいよう、荷物を郵便局から持ち出す際と配達の約30分前にメールで通

知する仕組みも導入する。利用者が家にいない場合、返信で不在を知らせてもらうことで配達

の無駄を省く。