読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤマトのもと職員、上司にパワハラ受け自殺し訴訟。

     ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのミコばあちゃんです。

 ヤマト運輸のもと職員が、上司から「死ね」といったパワハラ

受け精神病を発症し自殺されたとのこと現在訴訟中。。

現場の多忙さの中で、日常茶飯事のごとく乱暴な言葉、態度など

おそらく通常化されたものとも思えるが、上司であるならば

人に対する最低限のモラルもないのか?

いろんな職員がいる中、人を育てる技量がはたして備わっていたのであろうかと

疑念に思えて仕方ない。

今頃のお人の心は、まるでガラス細工のような気がして残念に思う。

 いじめ問題においても学校でいちいち教育する内容などではなく、

ムカシは遊び、兄弟げんかなどから自然に身に着けていった人間性

今では宝のようにも思えたりもする。

見えなくなると、お人の行動などで一気位置有していたのではとても生きてなどいられない。

ミコばあちゃんも理不尽な行動に接することも多々あり、その都度強くなっている自分に驚かさ

れたりもしています。

今ではとても強靭な精神力になってもいます。

    朝日コムより。

 「死ね。パワハラ受け自殺」ヤマト元従業員の遺族が提訴

ヤマト運輸の長野県内の営業所従業員だった男性(当時46)が2015年1月末に自殺したの

は、当時の上司のパワハラが原因だったとして、遺族が、同社と当時の上司に慰謝料など約9

500万円の損害賠償を求める訴えを長野地裁に起こした。遺族の代理人の弁護士が31日午

後に記者会見し、発表する。

提訴は2月28日付。代理人弁護士によると、元従業員の男性は、12年秋ごろから自殺した1

5年1月までの間、当時勤めていた営業所の上司から「死ね」などの暴言や暴行などのパワハ

ラを受け、精神障害を発症、自殺した。15年8月、遺族が県内の労働基準監督署に労災を申

請。昨年3月に労災認定を受け、遺族補償年金が支給されているという。

第1回口頭弁論は、4月28日に予定されている。