読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤマト運輸、27年ぶりの値上げか?

     ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのミコばあちゃんです。

 昨日は鉛職のお空で、吹く風は暴れ放題。鳥の鳴き声も少なく、静寂の春です。

 ヤマト運輸が運送費9月をめどに値上げの方向に交渉中とか!

やはり影響は、消費者に来るのですね。

これからは無駄買いのチェックは欠かせませんね。

 節約といえば、すぐ考えがちなのが食料品ですが

高齢になるとそんなに圧迫しないのではと評価しています。

スイーツの値上げ幅化になりませんけどね(苦笑)

めちゃ買いするのでなく、吟味した賢い消費者を

目指したいものです。

 やはり老後計画は、ゆとり派は必須条件でしょう。

     産経の記事より。

ヤマト運輸が27年ぶり全面値上げを検討 個人の基本運賃含め、アマゾンら大口とも交渉

宅配便最大手のヤマト運輸がことし9月末までに、個人が送る小口の荷物を含めて基本運賃を全

面的に値上げする検討に入ったことが7日、分かった。全面値上げは消費税増税時を除くと2

7年ぶり。値上げ幅は今後詰める。宅配業界の過当競争のつけが消費者の負担増につながる形

だ。

ネット通販拡大による荷物の増加を背景にドライバーら人手不足が深刻で、外部業者に配達を委

託するコストも膨らんでいる。サービス維持には値上げが必要と判断した。

ヤマト運輸は荷物の発送地と届け先、サイズによって基本運賃を決めている。例えば、同じ地域

を発着地とし縦、横、高さの合計が60センチ以内、重さ2キロまでの場合は756円。人件

費の高騰を理由に1990年に100〜110円値上げし、その後は消費税増税時に増税分を

引き上げた。

一方、法人契約は宅配便の9割を占め、荷物の量に応じて基本運賃を割引している。インターネ

ット通信販売大手アマゾンジャパン(東京)など大口顧客とも交渉に入った。