読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護士国家試験に一言。

     ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのミコばあちゃんです。

本日も深夜のスタートとなりました。

わずか筒、春の足音感じてもおります。

 サンケイ新聞記事によると、今年の看護試験の問題が

難しすぎたとのネット批判が相次いでいるようだ。

 本当にきつくしんどく、勉強も欠かせないほどの専門分野のまなびは

想像するだけでもあたまがさがります。

だからと言って、9割以上もの受験生が難なく合格するとは、どうだろうと思える。

御人の命を預かる国家試験が、人手不足を補うための試験であってほしくないと思うのはミコば

あちゃんだけであろうか。

 姪の子も、此のたび、看護士を目指し

大学生としてのスタートをきることになっています。

看護士さんは、グローバルに学び、専門性まで追及されその人格も

きちんと備わっていて欲しいとは、患者サイドの甘い考えであろうか。

一患者としてはナイチンゲールのような人格を期待したいものです。

    サンケイの記事より。

 「くたばれ厚労省」「涙しか出てこない」…看護師試験の問題激変でネットに批判続々 厚

労省「難しくしてない」

「くたばれ厚労省」「文句と涙しか出てこない」−。19日に全国で実施された看護師の国家試

験が例年と出題傾向が異なり、受験者がツイッターなどで次々と批判している。厚生労働省

「難しくしたわけではない」と釈明するが、関係者からは、読解力を問う問題が急増し、来年

度の改革に向けた「予行演習」との声も上がっている。看護師不足から厚労省が合格点を下げ

るという観測も広がっている。

19日に行われた第106回看護師国家試験は、東京、大阪など全国11都道府県で実施された

。問題数は全240問で、試験時間は午前と午後で計5時間20分。全てマークシート方式で

、「人体の構造と機能」や「疾病の成り立ちと回復の促進」など基礎的な看護の知識が問われ

た。

試験終了直後からネット上では「あんなの勉強しても取れない」「過去問が全く当てにならなか

った」などの不満が書き込まれた。中には、試験を所管する厚労省を攻撃する言葉も並んだ。

看護師試験対策を指導する東京アカデミー東京校によると、今年は例年と違い、問題文が長くな

り、計算問題も続いたため、時間が足りなくなる傾向にあったという。同校の沼内裕執行部長

は「最近の受験生は読解力が不足しており、長文を勝手に解釈してしまう人もいる。教科書を

しっかり読んで知識を広げていくことが求められている」と指摘する。

出題傾向が変わった理由には、厚労省医道審議会保健師助産師看護師分科会が昨年2月に出し

た報告書が影響している。

報告書によると、平成30年の試験から「思考や判断プロセスを問うような問題を積極的に出題

することが望ましい」などと示している。厚労省の試験免許室も「報告書に沿って改善してい

く」と強調した。

看護師試験は毎年6万人程度が受験し、合格率は9割と高い。合格基準点は例年通り、今年も6

割程度とされるが、沼内部長は「看護師を確保するため基準点は下がる」とみている。