読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高齢者は、冬場での入浴にご用心!

     ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのミコばあちゃんです。

今日の深夜は冷機など感じられないほどの温かいスタートです。

 熱中症といえば、真夏の高温を連想しがちです。

ところが入浴中の熱中症もあることに驚かされております。

お風呂での死因の半分はこの熱中症ともいわれています。

寒さ厳しいこの時期、お風呂の死亡事故をよく聞いてもおります。

少しお酒を飲んでお風呂に入り、頭がボーとして気分が悪くなり

意識さえも遠のいて、その場に倒れた経験があります。

これもすぐ外にはい出て、冷たい空気に触れたことで事なきを得た経験があります。

やはり脳に血流がうまくいかなくなるのでしょうかねえ。

高齢者になると、温度センサー機能が低下傾向となり、水際で防ぎにくいのも確かのようである。

 ミコばあちゃんが気配りしている入浴は。

入浴前には水分を取る。

お一人暮らしなので日中に入浴を心がける。

長風呂は避ける。

熱いお風呂が好きなので注意したいものである。

    朝日コムからの一文。

宅で入浴中に熱中症? 冬場の入浴、死亡事故に注意を

昨年末、80代の夫婦が大阪市内の自宅の浴槽で亡くなった。大阪府警は「熱中症により、もう

ろうとしておぼれた」と判断した。冬場に多い、入浴中の死亡事故。急激な寒暖差で起きる「

ヒートショック」に加え、熱い湯へのつかり過ぎにも注意が必要なようだ。

夫(当時85)も妻(同83)も足が悪かった。夫は買い物や入浴などで一部支援が必要な「要

支援1」。日常生活全般で介助が必要な「要介護4」の妻を助け、万一に備え、いつも2人で

入浴していたという。

昨年12月29日。午後9時半ごろ仕事から帰った次男(58)は、風呂場の明かりに気がつい

た。「ふだんより時間が遅い」と感じたが、疲れもあり、そのまま1時間ほど仮眠。起きると

まだ電気がついていた。あわてて浴室に入ると、両親が浴槽内で同じ方向を向き、ぐったりし

ていた。

湯を張った際の設定温度は、いつも通りの48度。入浴時に何度だったかは不明だが、発見時の

2人の体温が高く、他に病気の症状も見られないため、熱中症による溺死(できし)と判断さ

れた。1人がもう1人に寄りかかり、身動きがとれなくなった可能性があるという。

旅行好きで、連れ添って北海道から沖縄まで出かけた2人。「仲のいい両親でした」と次男は振

り返る。このところ、父は外出時に杖を使うようになっていたが、「まだまだ元気だと思って

いた」と声を落とした。