読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミコばあちゃんのお忘れ対策。

     ご機嫌いかがでしょうか。

 昨夜まで荒れ狂っていた寒風、大寒ではあるが凛とした空気の静かな朝である。

 視界ゼロのミコばあちゃんです。

気がかりになるほどの物忘れ、高齢化のためかそれとも・・・?

 見えなくなったことで、活字と縁遠くなったこともものわすれのげんいんで

あるように思えてならない。

視覚障害は、あらゆるものが見えないのであるから

物忘れ、記憶の減退は当然であるようにも思える

  見えない人が、爆睡していて、目覚めたとき、自分の現状把握ができなくなり

転倒、さらに二次障害としての認知に至るケースも聞かされたこともある。。

また活動範囲までも限定的で、音楽、ラジオまでもあまり聞かない習慣であるなら

物忘れは至極当然であるともいえよう。

だからといってこれに甘んじるわけにもいかず、自助力はもとより

身体機能のグレードアップ、計画性を 以て朝のスタートに臨み

作業工程を能率的な展開に持っていけるよう心がけたくもある。

物忘れ対策として少しでも役立つのであれば

 そうであるならば人との会話、何かのサロンに参加することも予防対策にもなるのかもしれな

い。

一人生活のため、燃料費のことなど考慮に入れずぼら生活

決め込んでいるところもあるのでこれの改善も不可欠である。物忘れの主な原因

物忘れの主な原因として「加齢」が挙げられます。脳の細胞は年をとるごとに減少していき、そ

れとともに記憶力も低下していきます。

だいたい20代を境に脳細胞は減少していきます。ですが、加齢による記憶力や集中力の低下は

病気による減少ではありません。

もし家族の名前や食事をしたこと等も思い出せなくなった場合、病気による物忘れである可能性

があります。

アルツハイマー認知症、脳血管型認知症、老人性うつ病などがその例です。

認知症の場合は、社会生活に支障が出ることが多いので、セルフチェックをした上で早めに病院

に行くことをおすすめいたします。

その他にも、睡眠不足やストレスが溜まっている時は、集中力が落ちやすく短期記憶に障害が生

じてしまい、物忘れしやすくなります。また、食生活も関係していて、脂質やコレステロール

を多く摂りすぎてしまうと認知症のリスクが高まることがわかっています。

青魚や大豆には脳の老化を防ぐ成分が含まれて居るので、なるべく欧米式の食生活を改め、脳を

活性化させる食品を食べることが大切になってきます。

それから、歌を歌詞を見ないで覚える、料理をする、イメージを働かせて行動する等、普段の生

活のなかで記憶力を高める工夫をすることで物忘れを予防することができます。

物忘れがひどいかどうか簡単チェックできる方法

あなたがどれぐらい物忘れがひどいのか簡単にチェックできる方法を用意してみました。

私達は日常生活で、色々なことを考えたり、同時進行で複数のことをこなしたりしています。で

すので、誰であっても多かれ少なかれ忘れ物をしたり、ど忘れしたりすることは仕方がありま

せん。しかし、以前よりも物忘れが随分と多くなったなと感じたり、他の人よりも明らかに物

忘れが酷くて悩んでいる人もいることでしょう。

ではそういった人達はどのようにして自分の忘れっぽさが、人並みなのか人よりも多いのか確か

めたらいいのでしょうか?

それにはチェックシートを自分で作ることが一番です。まず自分が一日の内に何回忘れ物や、物

忘れをしたか回数を記録しておきます。

その回数が一日平均5回未満であれば、特に気にする必要はないでしょう。しかし、一日で5回

以上物忘れをしてしまうという人は、気を付けた方がよいでしょう。

昔からそれぐらいの頻度で物忘れをしている訳ではないのであれば、自分の家族や親しい友人な

どにそのことを一度相談してみてください。もしそれで近頃自分の様子が少し変わってきてい

るということが分かれば、思い切って病院に行って検査してみた方がよいかもしれません。

思い出せないものを思い出す!おすすめの方法

年齢が高くなっていくにしたがって、物覚えが悪くなる、あるいは思い出さなければならないこ

とが思い出せなくなるという症状が出てくることがあります。これは単に、老化が原因という

場合も多いのですが、まれに認知症や若年性アルツハイマーが原因だったりということもあり

えます。日常生活の中では、ど忘れしてしまうという経験は誰にでもあるわけですが、うっか

り忘れてしまったことを思い出す方法として、いくつか挙げることができます。そのひとつは

、まず思い出さなければならないものを忘れてしまったときと同じ状況に自分を置いてみる、

ということです。

これは、世の中にはデジャブというものがありますが、このデジャブのメカニズムを利用するも

ので、同じ物事を再体験してみますと、記憶がよみがえってくるという場合があります。この

方法は、まずは忘れたときの状況を思い出すことが必要になるのですが、思い出すということ

に有効な手段です。

そのほかには、忘れたものが何かさえ忘れてしまったという場合の方法ですが、この場合には、

手がかりがないため思い出すのは難しいですから、とりあえずいつものとおり日常生活を送り

、必要に応じて記憶が戻ってくるのを待つのが効果的です。

高齢者の物忘れが深刻化その対策方法を教えます

高齢者の物忘れ対策方法として一番有効なのは、脳の活性化です。

人間の脳は歳をとっても、活性化されるかことが医学の研究によって突き止められています。高

齢者が脳を活性化するには、運動をしながら頭を使えばよいと言われています。運動自体が脳

に刺激を与えますが、それにプラスして頭を使うようなことをすれば、脳の活性化になります。

具体的な対策

1.ウォーキング

特に歩きながら、簡単な暗算を頭の中で続ける方法などが有効です。高齢者の場合は激しい運動

体力的に不可能なので、軽い運動を毎日続ける必要があります。

2.指を使う

ことも脳を活性化するので、高齢者の物忘れの対策方法として有効です。指を使ってすることは

たくさんありますが、例えば女性だったら裁縫をすることで物忘れにつながる脳の衰えを防ぐ

ことができます。男性の場合はパソコンなどのキーボードを打つときに指を使うので、脳の活

性化が可能になります。

3.会話をすること

会話をするときは、言葉を発します。言葉が発せられる時は、脳が使われているので脳に良い刺

激を与えることができるのです。ですから、一人で暮らしている高齢者の場合は、積極的にデ

イケアなどに参加して、人と話す必要があります。

物忘れの対策、予防にはサプリメントがおすすめ

物忘れにはプラズマローゲンが入っているサプリメントがオススメです。

プラズマローゲンが支持されている理由。

近年の研究で、プラズマローゲンが基本的な知的機能に関わっていることが明らかになってきて

います。プラズマローゲンは、自らが身代わりになることで酸化を防ぎ、老廃物に蓄積を減少

させたという報告もあります。 出典元:Analytical Biochemistry(2007), Journal of Neuroi

nflammation(2012) *マウスによる試験

物忘れは完全防止マニュアル!改善・対策おすすめの方法

http://物忘れ対策.xyz/