読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最寄りの私鉄駅までのメンタルマップの作製。

    ご機嫌いかがでしょうか。

 視界ゼロのミコばあちゃんです。

本日は第二回目の私鉄駅までの10キロ足らず

メンタルマップの作成のため、同行援護の利用し出かけました。

昨日までは、暖かい日が続いていたのですが

空といえば鉛色、吹く風も強く

温度差といえばエレベーターの上下動のように変化するため

体がなかなか、対応しきれていません。

 同公社に見守りいただきながら、白杖歩行にも慣れるためあえてお願いした。

 8キロくらいは農道なので、目標物もなく、ただ用水路沿いを歩くことになった。

これは農道の交差点の数を記憶するしかなく

大川に行くまでの曲がり角が、一本でも異なると迷路となり

人通りもないため尋ねることもできず

自信が持てなかった。

1,5キロの距離も初めてで 交通量の多いいところが何か所かあり

これをクリヤーすることは大変である。

あと三回ほど体験してみて、困難であればタクシーの利用にshiftしたい。

基本的の同行援護利用は、見守り歩行はできないようである。

同行者を安全に移動することが義務具けられている。

同行援護の豆知識    

引用開始

同行援護とは?

 視覚障害のある人の社会参加の実現に欠かせない「ガイドヘルプサービス」は、2011(平成2

3)年10月1日より、新たに障害者自立支援法に基づく「同行援護」として、サービスが提供さ

れることとなりました(図)。その目的として「視覚障害により、移動に著しい困難を有する

障害者等につき、外出時において、当該障害者等に同行して行う移動の援護、排せつ及び食事

等の介護その他の当該障害者等の外出に必要な援助とする」(障害者自立支援法第5条第4項

)とされています。

≪図≫障害者の移動サービスのイメージ

≪図≫障害者の移動サービスのイメージ

ページトップへ

全国一定水準のサービスを提供

 これまでのガイドヘルプサービスは、地方自治体の判断により事業が展開される「移動支援事

業」として提供されてきましたが、自立支援給付の「同行援護」として位置づけられることで

、全国で一定水準のサービスが提供されることとなります。また、他のサービスと同様、利用

者負担についても低所得者に配慮した軽減策が設けられています。「同行援護」の大きな特徴

は、以下のとおりです。

・ 対象者は、視力障害、視野障害、夜盲などによる移動障害のある人で、独自のアセスメント

調査票を用いて判定。

「身体介護を伴う」視覚障害者については、アセスメント調査票に加え、市町村による障害程度

区分認定を受けてサービスを利用する。 

・ サービス提供者は、「同行援護従業者養成研修」の受講を義務づけられる(経過措置あり)

。 

・ サービス内容に、視覚的情報の提供として「代筆と代読」を追加 等。

引用終わり。

ページトップへ

  ミコばあちゃんの本日の気合メニュー。

野菜たっぷりの煮込みうどん。、ヨモギもち

ヨーグルト、バナナ。

    ではご機嫌よろしゅうに。