読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最寄りの私鉄駅までの脳内マップの作製。

   ご機嫌いかがでしょうか。

 白杖歩行一年生。

本日は寒いとの予報ではあったが、予想に反し

太陽ニコニコ上機嫌。

私鉄利用できないものかとゆめーじマップの作成のため

最寄りの私鉄駅に同行を お願いしゆめーじマップを頭に描くが

これは一度では視界ゼロのミコばあちゃんには難問であった。

往復の歩数8,700歩数であった。

これを一人で実行する集中力を考慮に入れつつ可能性の追求してみたい。

できなければ、タクシーで駅まで行くことも選択肢に加えたい。

歩行における「めんたる まっぷ」

 下記は、ほんの抜粋です。

   視覚障碍者の歩行、「ゆめーじマップの作成」

 目的地まで行くためのルートを 頭に描きこれに沿って歩行することである。

個別に目的地を頭に描くことを「ゆめーじマップと呼ぶ」

歩行や移動には、自分の現在地とどの方向に向かって歩行しようとしているのか

位置関係としての把握もしっかり認識したいものである。を

頭の中でしっかり描くことが必要である。

例えば、自動車の音、工場などの作業音、飲食店の香り、

公共の建物「学校、郵便局、銀行など」、これを 頭にしっかり記憶したいものである。

 ゆめーじマップの作成には何度も現地を同行者と歩き、ランドマーク、角地など頭に記憶させ

道路上の変化もしっかり確認したいものである。歩道上のガードレール、スロープ、電信柱など

これらを頭にしっかり記憶することが必須である。

自分で地図を作るほかない。

   ミコばあちゃんの今日の気合メニュー

フレンチトースト、ハムエッグ

生サラダ「千切りキャベツ、ぷちとまと」

コーンスープ、ヨーグルト、バナナ

  ご機嫌よろしゅうに。